◆◇◆特集記事◆◇◆
Featured articles

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった
Big trouble caused by an agent "Mito-ooyasan" that sold my apartment.

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?
How about Investment in Self-service laundry

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!
Help! Sewage overflowed!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事
Introduction of Internet facility


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2019年6月10日月曜日

自宅用地取得のため、地主と直談判した話し(3)

前々回の記事で、豪雪に備えて
「あること」をすると書きました。

だいたい、わかりましたかね?

答えは、本文の最後辺りで。



では、本日も、
ブログランキングのほうを、
おひとつポチっとお願いします。
人気ブログランキング


◆自宅用地の売買交渉の続き

第1話は、こちら→http://bit.ly/2WD5l5O
第2話は、こちら→http://bit.ly/2WW7BoL


自宅建築を目論み、
近所で見つけた土地の地主さんと直談判し、
地主さんから、
『値段を考えておくから、しばらく待っといて』
と言われました。


ところで、前の記事(第2話)で書き忘れましたが、
この面会の際、
地主さんが2年前に売却した隣地の単価を
聞き出すことができました。

その時の売値は、『3.5万円/坪』だったそうです。

更に隣りの田んぼの所有者と一緒に売却したらしいのですが、
隣地同士で単価が異なるのはマズいだろうと考え、
両者で同一の単価にしたそうです。

ただ、地主さんは、
その単価が気に入らなかったらしく、
私との面会時に、
あんな安い値段で売らなきゃ良かった、とか、
あんな値段じゃもう二度と売らない、など、
不満を捲し立てていました。

私は、正直なところ、
『1.5万円/坪』の希望を持っていたのですが、
上記の愚痴を聞いてしまったことで、
地主さんから希望価格を尋ねられた際、
流石に希望価格を口に出すことができませんでした。

ところで、
『1.5万円/坪』って、安すぎなんじゃ?
と思うかもしれませんが、
そうでもありません。

まず、この辺りの宅地の値段は、
宅地造成された分譲地であれば。
上下水道引き込み済みの状態で、
『8万円/坪』前後という感じです。

私が買いたいと思った土地は、
現況が田んぼで、
後ろには用水が流れているため、
家を建てるために、土を入れ、後ろ側に擁壁を立て、
上下水道を引き込み、負担金を支払い...
といった諸々の費用が別途発生します。

ですから、仮に『1.5万円/坪』で買えたしても、
基礎を打てる状態にするまでに、
『5~6万円/坪』位にはなるだろうな、
という肌感覚を持っていました。

地主と直談判し、工事の段取りも自分でするんだから、
少しくらい安くならないとやってられませんが、
それほど安くはならないだろうなと初めから思っていました。

いずれにしても、
地主さんが価格を考えると言ってきたので、
連絡を待たねばなりません。

ここで、もし私の立場だったら、
どれくらい待っていれば、
地主さんからの連絡が来ると考えますか?

1週間?
10日?

私は、せいぜい10日もあれば、
家族で話すには十分だろうと思っていました。

ところが、10日経っても連絡がありません。

20日経ってもありません。

流石に、???と思ったものの、
ここで電話したら私の負けだ!という変な対抗心が芽生え、
とにかく待つことに。

そしたら、
ナント!?
連絡の無いまま1ヶ月が過ぎたんですよ。

流石に、これはオカシイやろ!?と思い、
電話しましたよ。

そしたら、この地主さん、
電話口で何て言ったと思います?


(連絡が)エラい遅かったね。
そろそろ話しの続き、しようか?


なんだと~!?

滅茶苦茶ムカつきましたが、
グッと堪え、冷静に、次の面会の約束を取り付けました。

そして、この翌日、
約1ヶ月ぶりに地主さん宅を訪問することになりました。



今回は、ここまです。

さて、田んぼの値段は無事に決まるのでしょうか!?







今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆



では!

ばいしゅー^^

0 件のコメント:

コメントを投稿