◆◇◆特集記事◆◇◆
Featured articles

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった
Big trouble caused by an agent "Mito-ooyasan" that sold my apartment.

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?
How about Investment in Self-service laundry

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!
Help! Sewage overflowed!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事
Introduction of Internet facility


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2019年1月31日木曜日

悲報 新品SSDがクラッシュ! 水道管入れ替え大作戦、蝶番調整リング、除雪機メンテナンス

先日、3台あるパソコンの各HDDをSSDへと換装したのですが、
なんと、メインパソコンのSSDがクラッシュしちゃいましたT_T

パソコンで事務作業していたところ、
フリーズしたり、動いたり、を繰り返すようになり、
最後には完全にフリーズしちゃいました。

それからは、このSSDが息を吹き返すことはありませんでした。。。チーーン

仕事に使うデータは、外付けのRAIDに保存しているので、
取り敢えず、パソコンを動かせるようになれば、
仕事は何とかなります。

てなわけで、急いで最寄りの家電量販店(ケーズデンキ)へ走り、
SSDを買ってきました。

こちら。

左がクラッシュしたもので、中央と右が新しいものです。
120GBと250GB、だったかな。

HDDからSSDへの換装時には、ドライブをクローン化させたので、
作業がとても楽ちんでしたが、今回ばかりはそうもいきません。
OSの再インストールが必要です。

とりあえず、120GBのSSDを乗せ、OSを再インストールさせ、
プリンタの設定やら、足りないドライバのインストやらなにやらを済ませ、
あっという間に、この日の時間が喰われてしまいましたよ。

みなさんも、SSDもHDDと同様に壊れますので、
データのバックアップを適宜しておいてくださいね。



さて、今回は、どんな工事の模様をお伝えするかと言いますと。。。

40億年ビルで行っている、水道管の入れ替え工事の様子について、
お伝えしようと思います。

◆40億年ビルってナンだ?って方は、こちらをどうぞ。
https://shiroiyama.blogspot.com/search?q=%EF%BC%94%EF%BC%90%E5%84%84


この建物は、随分古い(築42年)ので、水道管が鉄管なのです。

鉄製なので、当然、いつかは腐食し、パンクするんです。

そして、この建物にも、その時が来てしまったんです。


だって、水道管が、こんな状態だったんですよーー。

こんなん、見たことありますか?

本来は直径50mmの水道管なのに、
現時点での水の通り道は、直径10~15mmって感じになってました。


昨年の夏頃だったかなぁ、
貯水槽の置いてある機械室へ入ってみたところ、
水道メータから来ている水道管(本管)が立ち上がっている床面が、
本管を中心にして、うっすらと湿っていたんです。

咄嗟に、あーっ!パンクしてんじゃん!
ヤベーヨ、ヤベーヨ、ドーシヨウ、ってなったんだけど、
取り敢えず、補修用コンクリートで上から固めちゃったんですよ^^;

完全な現実逃避ですねぇ。。。

で、2~3週間ほど放置して、また見に行ったんです。

どうなっていたと思います?

そう、また濡れてんですよ。

こりゃもう逃げてらんねぇ。。。と思いまして、
やれるところから、水道管を樹脂管に入れ替えよう!
ってことにしたんです。

幸い、さいきんは、設備屋KTさんが作業を手伝ってくれるので、
配管作業はKTさん、斫り作業・電気工事・ゴミ処分はワタシ、
という感じで作業を分担し、水道管入れ替え大作戦を進めることにしました。

この建物の水道管の経路は、
水道メータ ⇒鉄管A⇒ 機械室 ⇒鉄管B⇒ 各部屋
という感じになっているのですが、あいにく、空室が一戸しかないので、
鉄管Aと、鉄管Bのうち空室への配管のみを、入れ替えることにしました。

まぁ、鉄管Bの入れ替え作業は、
ワタシが現場にいない間にKTさんがやってくれたので、
実は、写真がナイ。。。スミマセン

で、鉄管Aの作業時に、建物前のコンクリート床を斫るなど、
土方の作業をしてきました。

赤枠で示した配管が、新しく取り回した水道管です。

従前は、鉄管が地中を通って建物中央まで延び、
2階の機械室へと立ち上がっていたようです。

水道管を入れ替える場合は、従前同様には配管できないので、
新しいものを露出させることにしました。

ワタシがコンクリートを斫り、
KTさんが配管作業を行い、
二人で埋め戻してコンクリートを打ち直します。


このコンクリート、なんと15cmの厚さがありました。。。

最近の建物であれば、5cmのアスファルトで済ませるでしょうから、
補修工事も楽なんですがね。。。

43年前は、コンクリートが安価だったんでしょうかね。


この建物は、住居が6つあるので、
残り5部屋分の鉄管Bを入れ替える必要があります。

これは、部屋が空くたびに実行しますので、
工事の様子をまたお見せします^^


では、今日はこのへんで。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まるんです。

※今回購入した物件です^^

というわけで、ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

スマホの方は、指先を管のなかにスボッっと入れてみよう!

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!
ばいしゅー^^

2019年1月29日火曜日

あるはずのものがナイ! HDDをSSDに交換した^^

どーも、お疲れさまです^^
白い山の大家です。

石川県は、天気予報で言われていた寒波が来ても降雪量は少なかったのですが、
みなさんのお住いの地域はどうだったんですかね?

昨年の石川県は、近年まれに見る豪雪によって壊滅的なダメージを受けましたので、
それとの落差といったら、相当なもんですよ。
寒いだけで降雪量が少ないので、本当に冬なの?って感じです。
なんとなく、東京の冬を思い出しちゃいます。


さて、今回は、福井の物件にて、
共用部清掃をしている女性から「グレーチングが壊れてて危ないよ」
と教えてもらったので、対応してきました。

話しを聞いた当初、グレーチングが壊れてるってのは、
どういう状況かわからなかったので、
とりあえず、工具を色々と携えて行ってみました。

すると、こんな感じになってましたよ。


U字溝の曲がり角の辺りで、
グレーチング同士の端が重なってるのは別に良いんです。

問題は、グレーチングの下にあるはずのものが無かったことなんです!

どういうことかというと、
重なっているグレーチングのうち左側のグレーチングを下から支えるものがなく、
グレーチングが宙ぶらりんになってたんです。

まず、グレーチングを持ち上げてみました。

本来であれば、U字溝の立ち上がり部の上にグレーチングが乗るはずなのに、
立ち上がり部の片方が完全に無くなってました^^;

なので、車が駐車場へ出入りする度にグレーチングに跳ね上がり、
すごく危ない状態だったようです。

対応策としては、
(A)コンクリートで立ち上がり部を成形(再生)する
(B)L字アングルを固定する
(C)より幅広のグレーチングに交換する
など、色々と考えられます。

早く作業を終わらせたいのと、
季節柄、天候がいつ悪化するかわからないので、
(B)案を採用することにしました。

使えそうな材料と工具がトラックに載せてあったので、
買い出しに行かずにこのまま作業を終えられそうだったんですよね。

つーわけで、L字アングルをU字溝脇のコンクリートにアンカーで固定しました。


ついでに、グレーチングの端をグラインダーで削り取って重なりを解消させ、
グレーチングをU字溝に収め、作業終了です。


なんやかやで1時間ほどの作業でした。


作業が早く終わったので、事務所へ戻り、
今度はパソコンを触ってみることにしました。

昨年末頃から、フリーズしたり、キーボードが暴走(勝手に文字を入力)するなど、
パソコンの挙動がおかしかったので、
HDDがそろそろ飛びそうなのか?と感じていました。

先ず、買い換えようかと思ったのですが、
これまでやったことのなかった、
HDDのSSDへの交換にチャレンジしてみることにしました。

つぅわけで、年末に買っておいたSSDがこちら。

ネットで買うと、安いよねー♪

そして、SSDの値段の安さに驚いただけじゃなく、
Cドライブ(ブートドライブ)をそのままコピーできちゃうことにも驚きました!

以前(ずいぶん前?)は、こんなことできず、
HDDを交換するとなると、新しいHDDにOSを入れなおす必要がありましたもんね。

ちなみに、HDDのコピーソフトは、これを使いました。
https://jp.easeus.com/backup-software/free.html

HDDのコピー方法(クローン方法?)をネッとで調べた際に、
もっとも広く紹介されていたフリーソフトです。

てなわけで、メインのデスクトップ1台とノートパソコン2台を、
HDDからSSDに乗せ換えちゃいましたよ。

なお、クローン作成中の画面がこちら。


ネッとでは、20分前後でクローン作成が終わると書かれていましたが、
私のパソコン3台は、それぞれ1時間ほど(計3時間)掛かりました^^;

でも、起動時の立ち上がりやソフトの立ち上がりのスピードは、
評判通り、劇的に早くなりました☆
やってみて良かったです。


あ、でもですね。
SSDも壊れることがあるみたいなので、
やがて、買い換えが必要になると思います。
一生ものというわけではないので、その点は予め理解しておいてくださいね。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まるんです。

※夏に劇的リフォームを行ったお部屋です^^

家賃が52,000円から60,000円にUPしましたよ☆
というわけで、ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。
ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!

ばいしゅー^^

2019年1月21日月曜日

PUTTING A BICYCLE STORAGE [DIY, SELF-RENOVATION]

Hello, welcome back to Mt. NINJA'S REALESTATE INVESTING BLOG!


It has been snowy season in Japan but These're still sunny or cloudy days.  I want this winter to be the weather, because We had a hellish snowy days last winter showed below.
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上


I have many photos taken of diy work for uploading.  It takes 1 or 2 hours to write a long article with photos for my blog.  Therefore, if I stop writting an article for just one week, it comes difficult to restart writting an article.  It's like that people cannot keep going to a gym for diet.

By the way, today, I show you photos taken of putting a bicycle storage shed by myself.  I bought a heavy rugged item, Because I wanted to try the shed which is often used to be built in public facilities.

In conclusion, I should have stopped buying it.  I will explain the reason with referring to the photos.


AT THE WORKING SITE...

First, at the installation position, I make a concrete groundwork for fixing the legs of the bicycle storage shed.

6 holes were made on the blacktop ground.

And, I set formworks into the holes for casting concrete.


Next, I drove my lovely little truck to a ready-mixed concrete plant, and let concrete to put on the truck.


I returned to the work site immediately and pour the concrete into the formworks.

After pouring the concrete into formworks, level the surface with trowel and covered with vinyl sheet to prevent drying.



REASON WHY I WON’T BUY IT AGAIN

When pouring the concrete into the formworks, anchor bolts had to be put at  predetermined positions in the formworks filled with concrete.  These anchor bolts are for holding fixing brackets of the legs of the bicycle storage shed strongly after the concrete has set.  This means that if the putting position of the anchor bolts are incorrect, the legs will be fixed in the incorrect positions and that the bicycle storage framework can not be assembled.

It is't easy for me to put anchor bolts at the correct positions before concrete hardening.  So, It is preferable 1) to sink and fix the legs of the assembled framework in formworks or 2) to fix the feet by driving anchor bolts into hardened concrete

But, The above method 1 is not good, because the legs of this bicycle storage shed are so short.  In addition, the low-strength method 2 above is not good, too, because the iron bicycle storage shed is very heavy and may be blown to be skipped  by the strong wind.

For these reasons, I decided to put anchor bolts in concrete according to the instructions.  I never buy this shed!



1 WEEK LATER...

I fixed the fixing brackets of legs of the bicycle shed on the surface of the concrete foundation and started assembling the framework of the shed.

Blessed with the weather, assembly work progressed smoothly.

But, a considerable amount of force was needed to build the framework.  As expected, since the anchor bolts were slightly misaligned from the predetermined position, it was necessary to assemble while tilting the six legs little by little.  I wish I had driven anchor bolts into the concrete foundation after all. . .

I worked with saying such a thing, the work was completed in the evening.

Although it was a problematic bicycle parking place, when it was completed, it became a fine finish.  I think that no one would notice that the position of the anchor was slightly misaligned.

This series of work was done in cooperation with my friend plumber Mr.KT.  This work needed 2 days.  First day was to make concrete foundations and second day was to assemble the shed.


SIZE AND PRICE
This bicycle storage shed is large enough to put 8 to 9 bicycles.  The price was about 280,000 yen ($2,800).

But I do not recommend this bicycle storage place for you.  If you need to set a bicycle storage in Japan, you should choose a shed indicated below.

Actually, I usually set this bicycle storage shed for my apartments.  You can put the shed easily and accurately.  Because you can assembe the framework and then put the legs into the holes in the ground.


Now, it's time to say Good Bye!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Please support so that blog rank comes up.

This blog is entried to the ranking competition system.
The rank will be decided by the number of people who clicked on the image below.


So, please click on this image.
BLOG RANKING SYSTEM >>> https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


Thank you very much for reading my article till the end ☆


So, see you!

自転車置き場を設置しました

どうもお疲れさまです。
白い山の大家です^^

実は、昨年撮り溜めた作業写真が、未投稿のまま結構たくさん残っています。

ブログ投稿って、写真を掲載して真面目に書いていると、
あっという間に1~2時間が経っちゃいます。

日々のルーチンワークの一つとして組み込まれているうちは、
なんとか書き続けられるのですが、
なんやかやと慌ただしかったりして、少しでもサボっちゃうと、
あっという間に書けなくなっちゃいます。

ジムでトレーニングしようと思っても、
なかなか続けられないのと似てるかも^^;

さて、そんな言い訳は置いといて、
今回は、石川県某所にて昨秋、自転車置き場を設置したので、
そのときの様子を振り返ります。

今回採用したのは、スチール製の重たい頑丈なヤツです。

アルミ製の自転車置き場を何度か組み立てたことがありますが、
公共施設とかで使われている鉄製の重厚なものを試してみたかったんです。

でも、結論から言うと、採用するのを止めとけばよかったです。
理由は、写真を見ながら説明しますね。


まずは、設置場所に、自転車置き場の脚を固定するための
コンクリート基礎を作ります。

今回の設置場所はアスファルト敷きだったので、
40cm角の穴を6箇所設けました。

そして、コンクリートを流し込むための型枠を作り。。。


生コン屋さんへ軽トラで乗り付け、
ブルーシートを敷いた荷台に生コンを入れてもらいます。


そのまま現場へ戻り、型枠へ生コンを流し込みます。

生コンを流し込んだら、表面をコテで均し、
乾燥を防ぐためにシートで養生しておきます。


ところが、実は、コンクリートを流し込む際に、
『所定の位置にアンカーボルトを埋め込むこと!』
という指示が、組立説明書に書いてありました。

このアンカーボルトは、コンクリートが固まった後で、
脚の固定金具を固定するために使用します。

つまり、アンカーボルトの位置が間違っていると、
脚の位置がズレてしまうので、
下手をすると、組み立て時に行き詰るおそれがあるんです。

いっそのこと、自転車置き場を組み立てたうえで、
その脚を基礎に埋め込む形式にしておいてくれれば施工が楽なのに、
組み立て前の段階で、脚の位置を正確にプロットするのは至難の業っしょ?

でも、この自転車置き場は、脚が短いため、
地中に埋め込んだ場合、屋根が低くなりすぎるので、その戦法はNGなんです。

しかも、鉄製なので、全体が重く、
風に煽られて吹っ飛んでしまう危険性を考慮すると、
基礎を作った後でアンカーボルトを打ち込む作戦も、強度的に心配です。

そこで仕方なく、説明書に従い、
コンクリートにアンカーボルトを埋め込んでおきました。

もう、このタイプの自転車置き場は、ゼッタイに採用しないですよ。


そんなこんなで一週間が経過し、生コンが固まったのを確認したうえで、
基礎の上に脚の固定金具を固定し、組立作業の開始です。

天候にも恵まれ、組立作業は、順調に進みました。

ぶっちゃけ、ここまでの骨組みを組み立てるのに、
結構な力技を使いました^^;

基礎打ち時の予想通り、
アンカーボルトが所定の位置から若干ズレていたため、
6本の脚を少しずつ傾けたりしながら、組み立てていきました。

やっぱり、基礎を作ってから、アンカーボルトを打ち込めばよかったのかも。。。

まぁ、そんなことをブツブツ言いながらも、
夕方までには、組立が完了しました。

いざ組み上がってしまうと、
脚の若干の位置ズレには気付く人はいないんじゃない?
っていう位の仕上りになりました。

見た目的には、図書館の駐輪場か?って感じですが、
重厚感があって、これはこれで良しとしましょう。
もう買わないけどね。


今回の一連の作業は、お友達の設備屋KTさんに協力してもらい、
基礎打ちで一日と、組み立てで一日の、計二日で完了しました。


また、今回採用した自転車置き場は、
『ヨド物置社製 自転車置き場 YOKR-240 ブラウニー色』
という商品です。

基本棟と追加棟の組み合わせで、自転車を8~9台は置くことができます。

価格は、凡そですが、
基本棟が18万円、追加棟が10万円だったので、
合計28万円でした。


でも、今回の自転車置き場は、オススメしないので、
もし、自転車置き場をお探しであれば、
『三協アルミ社製 サイクルポート ベルランド』
を検討してみてください。

こういうの↓です。


私が設置したことのある自転車置き場は、
今回お見せしたヨド物置のものと、三協アルミのベルランドです。

でも、これからは他に良いものが見つかるまでは、
ベルランドで行こうと思います。

じゃあ、今回はここまで。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まるんです。

※GOHTEI跡地は、そろそろ借り手が付かないかなぁ。。。

というわけで、ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。
ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆


それから、ブログ内にGoogleの広告が表示されているかもしれませんが、 
当方への応援の目的でのクリックはしないでください^^


ではまた!

ばいしゅー^^