◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2017年10月17日火曜日

高級賃貸物件の視察とRCのお勉強

石川県小松市に高級デザイナーズ賃貸アパートがある!
という情報を得たので、早速、見てきました。

こちら。
なんと、木造三階建てです。

45㎡の単身向け物件でありながら、
7~9万円+αの高価格帯で募集が開始されるとのことで、
なんだかスゲーなぁと思ってしまいました。


建てたのは、県内の建設会社でして、
この辺り一帯の土地を仕入れ、大部分を宅地として分譲しつつ、
その一角にこれを建てたそうです。


こういう高級物件に憧れを抱き、
住んでくれる人は少なからず存在しそうなので、
おそらく、高い家賃でも、いずれ埋まるんでしょう。

ただ、同様の部屋が多く存在すると、
高級感という価値が薄れてしまうと思うので、
この建物は幾つも要らないと思います。

さて、埋まるのに何か月掛かるのか・瞬間蒸発するのか、
楽しみです。


ところで、週末に、黒部ダムへと足を運びました。

ちょうど、NHKのブラタモリで、
タモさんが黒部ダムを訪問したときの様子を放映しており、
タイミング的にバッチリな感じでしたね^^;

ケーブルカーの出発点である立山駅には、
タモさんのサイン入り色紙が飾ってありました。

タモさんが来た日は、観光客もビックリしただろうなぁ。。。


それはそうと、富山県側から黒部ダムへ向かうには、
色々な乗り物を乗り継ぎ、1時間半ほどの時間を掛けることになります。


具体的には、
・ケーブルカーで7分
・バスで50分
・トロリーバスで10分
・ロープウェイで7分
・ケーブルカーで5分
という感じで、アレにもコレにも乗らなきゃいけません。

時間もお金も掛かりますが、登り切ったそこには、
やはり絶景が待ち構えていました。


でもその前に、室堂で乗り換えを遅らせ、記念写真をパシャリ。


その後、何とかダムまで到達し、有名なダムカレーを食べました^^

緑色に見えるダム湖を模したグリーンカレーの上に、
ダム湖に浮かぶ観光船を模したカツが乗っていました。

まぁ、味は普通ですが、カレーには数種類あり、
多くの観光客がそのいずれかのカレーを食べていました。


そして、260段の階段をフラフラになりながら登り切り、
見下ろした視線の先には、こんな絶景が拡がっていました☆

それから階段を降り、建設工事で殉職した方々を偲ぶ銅像の前で手を合わせ。。。


黒部ダムを後にしました。

今回のダム視察では、建設後50年以上を経過した黒部ダムって、
躯体は大丈夫なの?ってのを見てみたかったんです。

黒部ダムは、昭和38年に完成したらしいので、
(現地の展示物では昭和35年に竣工式を行った、とありましたが。)
建設後54年が経っていることになります。

もの凄く大きな水圧と大きな寒暖差に50年以上も耐え続ける鉄筋コンクリートが、
物理的に劣化しちゃっていたら、
あちこちがひび割れ、水が漏れまくってんじゃないの?
と思っていました。

ところが、黒部ダムへ実際に行ってみると、
そういう事態に陥っているようには見えませんでした。

まぁ、見えない場所で火種が燻っているのかもしれませんが、
結局のところ、RCって何年間持ち堪えるのかなーって思っちゃいましたよ。

ぶっちゃけ、うちの会社でも築43年の鉄骨造(外壁はコンクリート)の建物を持っているんですが、
何がダメかって言うと、中のデザインなんです。

まぁ、水道管が鉄管だったりすると、サビの問題もありますが、
第一に気になるのは、見た目です。

躯体が利用可能でも、デザインが50年前のものとなると、
うわぁ、こりゃムリだわ。。。ってなっちゃうんですよね。

つーわけで、コンクリートの建物を建てるなら、
中のデザインや間取りを変更し易い造りにするのが良いんだろーな、
っていう一応の結論に至りました。


あ。次は建設後100年を経過したRCを見てみたいな。。。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まるんです。

※黒部ダムの展望台からの眺めです。

というわけで、ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。
ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!

ばいしゅー^^

2 件のコメント:

  1. スパポン大家2017年10月18日 16:11

    こういう高級賃貸物件て上場企業の支店長とか勤務医とか向けですかね、ペイペイの会社員なら
    新築しちゃうよね

    返信削除
    返信
    1. 白い山の大家2017年10月19日 8:33

      こんにちは^^ この物件のターゲットが誰なのか、よくわかんないんですよ^^;
      オーナーから入居募集を依頼されている地元の不動産屋さんも、『こんなのがスムーズに埋まるようなら、私たちは時代に取り残されている...』と言ってました。
      都会のデザイナーが田舎で勝つのかどうか、見ものです。

      削除