◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2017年7月13日木曜日

暑くてやる気が出ないし、車のクーラントも空っぽだし・・・

暑いね、暑いね、あっついね~。

毎日暑くて、立ってるだけで汗が滲んできます。

そんななか、月曜・火曜の二日間は事務所に籠りっ放しで事務仕事を片付け、
昨日(水曜ね)、久々にGOHTEIへ行ってきました。


まず、道中、建設機械のリース屋へ立ち寄りました。
先日、エアコンリフターを借りた場所です^^

今回は、こいつを拝借しました。
漏水探知機です。

地中や壁内での漏水箇所を探知するための道具です。

実は、アパート敷地内のメーターから貯水槽までの経路において、
水漏れしているらしく(水道局の検針員に一年間、言われ続けました)、
ここ1年ほどの間、徐々に水道料金が大きくなり、
とうとう、1年前の2倍の料金に達してしまいました^^;

徐々に料金が大きくなっているということは、
漏水量が徐々に増えている・・・
つまり亀裂か穴がどんどん大きくなっているということでしょうから、
やがて、本格的に溢れ出すとマズいなと思ったわけです。

とはいえ、漏水箇所は、アスファルトの下・・・
しかも、メーターから貯水槽までは20mほどあります。

なので、どうやって、漏水箇所を特定すんべ?
と思っていたら、設備屋さんが、聴診器みたいな機械があるはず、
と教えてくれました。

それで、リース屋へTELしたところ、
漏水探知機がありますよ^^と即答だったので、
すぐに借りてきたというわけです。

作業は、明日ですが、朝から使いたいので、
前日に借りてきたという訳です。


んでもって、車を飛ばし、GOHTEIに到着です。

まずは、仕入れたばっかりの家庭用エアコンを搬入します。

以前は、単相200Vのエアコンが設置されたいたのですが、
単相100Vの家庭用エアコンに交換することにしました。

なので、分電盤のエアコン用ブレーカの配線を変更しなきゃいけません。

そこで、少しだけ電気のお話しをしますね。
あ。これは、本当に電気のことがわからないという大家さん向けです。

私自身、電気工事士資格を持っているとは言え、
知識レベルは素人同然なので、間違っていたら、ご指摘くだちゃい。


まず、このお部屋についている分電盤が、こちらです。
左右に一列ずつ、ブレーカがズラりと配置されていますが、
左右の上から2個(計4個)のブレーカが、単相200Vになっており、
その他は単相100Vになっています。

単相っていうのは、普段、お部屋で使っている電気と同じ、
という程度に思っていてください。

んでもって、電気ってのは、電柱から3本の電線によって送られていて、
当然、分電盤にも3本の電線が配線されています。

例えば、下の図のように、
ここの分電盤の3本の経路をA、B、Cとすると、
A-B間とB-C間は、それぞれ約105Vの電圧があり、
A-C間は約210Vの電圧があるんです。

というわけで、今回、100Vのエアコンに付け替えるので、
ブレーカの配線も、210Vから105Vに、
例えば、左上のブレーカであれば、
A-C間の既存の接続状態を、
A-B間の接続に変更します。

と思い立ち、配線変更用の銅板を仕入れるため、
ホームセンターへ行ったのですが、取り扱っていませんでした^^;

仕方がないので、既存の銅板を短く切って使うことにします。
あ、でも、今はやりません。暑いので、また今度。

なんだか、暑すぎて、頭がボーーーっとするので、
もう帰ることにしました。


で、帰り際にフと気付いたのですが、
自動火災報知設備の制御盤に赤ランプ(警報?)が点滅していました。



メンドクセーと思いつつ、説明書を開いてみると、解消方法が書いてありました。

でも、説明書どおりのスイッチ操作を行ったのに、
赤ランプが消えてくれません。

自動火災報知設備関連の子機類や、セコムの装置類を、
こんな感じで、グチャグチャにしちゃってせいですかね^^;


でも、やっぱ、暑ちーよーーーって気分になったので、
これらを放置して帰ることにしました。

そして自宅に到着したら、妻が、
『車のエンジン警告ランプが消えない』と言ってきました。

GOHTEIの呪いでしょうか?

色々と調べてみると、クーラントの予備タンクが空っぽでした。


ついでにラジエータのキャップを開けてみると、
なんと、こちらも、かなり減っていました^^;


至急、クーラントを買いにホームセンターへ走り、
戻ってすぐにクーラントを補充しました。

エンジンを回し、しばらく車を走らせたところ、
警告ランプは消えてくれました。

エンジン下を覗いても、クーラントの漏れは見当たりませんので、
初めから減っていた、ということにしました。

だって、暑いんだもん!


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まるんです。

※事務所の入居付けが思わしくないので、住居に改造することにしました^^


というわけで、ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。
ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!

ばいしゅー^^

0 件のコメント:

コメントを投稿