◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2017年5月22日月曜日

下水漏出の大惨事!【前編】助けてくれー!!

先日から書き綴っている、
『水戸大家さんで物件を売ってもらったらトラぶった話し』
ですが、

読みづらいので、各記事へのリンクを貼ってほしい、
という声があったので、現在公開している記事へのリンクを貼っておきます。


水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった
(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた


ただ、これらの記事だけで、
水戸大家さんのサービスの質を判断してはいけません。

私自身、水戸大家さんによる物件売却のスピード感はスゴいと思っていますので、
所有物件を、早く・高く売りたいと思ったら、
水戸大家さんの力を借りるのが、おそらく、
現在の日本では最善の選択肢の一つであると思います。

だって、水戸大家さんには、
24万人以上の不動産投資に興味のある人(大百科の購読者)の
メルアドリストがあるんです。

また、まぐまぐのメルマガ読者15万人のなかには、
その24万人に含まれていない人がいるでしょう。

水戸大家さんは、
不動産投資に興味のある、それら大勢の人へ向けて、
物件情報を一斉に配信する力があるんです。

従って、水戸大家さんの不動産業者としての力は、圧倒的なワケです。

なので、持っている物件を売却したい場合は、
売却の依頼先(不動産業者)の候補の一つとして、
水戸大家さんを挙げるべきだと思います。

そのうえで、どの業者さんに依頼するのかを決めればよいと思います。

ただ、どこの業者へ物件の売却を依頼した場合でも、
そのオペレーションは人間が行いますので、
ヒューマンエラーに基づく何らかのトラブルは発生し得る、
ということをわかっておいて欲しいんです。

これらの記事は、そういう意味を込めて、
これから物件を売却したい人へ向けて書いています。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


さて、そんなこんなな重たい空気を引きずりながら生きている訳ですが、
その状況に追い打ちをかけるような大参事が勃発しました(>_<)

先日、19時頃に、トランクルームの利用者さんからショートメールが入り、
滅多に連絡してこない方からのメールだったので、珍しいなぁ。。。と思いつつ、
本文を表示しました。

すると。。。

床が塗れていて、おそらく収納庫●●号室から水が出ている。
とのこと。



どゆこと?
そこに水源は無いはずなんですケド。。。


と思いつつ、『すぐに確認しますね』と返信し、
現場へ駆け付けました。

店内に入り、通路を進むと、
問題の●●号室の前の通路が湿っていました。

早速、合鍵で収納庫へ入ってみました。

をいをい。
お荷物が水没してんですケド^^;

フと右を向くと。。。こっちには、深さ3cmほどの水溜りが。。。


しかも、ちょっと臭う。。。


え?


こいつ。。。


下水やんけーッ!


でも、辛うじて、ウ○コ系排水ではなさそう。
ってのが不幸中の幸いか。


しかし、どこから流れて来てんだ?


このとき、ヤベーヨ、ヤベーヨ、マヂヤベーヨ。
と心のなかでつぶやきつつ、
漏出原因不明の汚水をチリトリですくい、バケツで受け続けました。


この作業を繰り返すこと数分。。。


なんとか、床の水溜りは無くなったし、夜だったこともあり、
とりあえず、この日は作業を切り上げ、
原因究明は翌日に持ち越しとなりました。


そして、翌日。


改めて、収納庫●●号室へ入ってみると、
やっぱり、昨晩同様の水溜りができていました。

こんな感じです。(※昨晩のものと同じ写真です。)


下水の漏出原因を潰すどころか、
原因に辿り着くことすらできていないので、
まぁ、当然の事態です^^;

そこで、この写真に写っている壁の向こう側にある機械室へ入ってみました。

すると、機械室の床は、深さ3cmほどの池になっていました^^;


ちなみに、収納庫内と機械室に溜まっている水は透明なので、
写真では、水があるのか無いのか、よくわからないですね^^;

でも、透明な水のくせに、臭いだけは、下水なんですよね。
ホント、勘弁して欲しい。。。


ところで、上の写真で、床の左のほうに写っている丸い管の口は、
下水管の口です。

コイツです↓


この時初めて気づいたのですが、
この機械室の床の下水管の口が、
床面と面一の位置で切りっ放しになっていました^^;

それと、この建物と下水配管の概略図を示しておきます。


さぁ、ここまでで開示した情報を用いて、
今回の汚水漏出事故の原因を推理してみてください。


今回の事故は、どんな建物でも発生し得ると思いますので、
がんばって、考えてみてください^^


答えは、またのお楽しみダ☆




今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!

0 件のコメント:

コメントを投稿