◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2017年5月29日月曜日

【コインランドリー】◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口

ここ一ヶ月ほど、
埼玉スワローズさん(http://saitamaswallows.seesaa.net/)が大ブレイクし、
脚光を浴びているコイランドリーについて。

私は、5~6年ほど前に、小さいお店を一つ始めました。

周囲を田んぼに囲まれたド田舎のなかでも、
とりわけ人口の少ない場所で、です。

地図で示すと、こんな感じ^^;


これまで、コインランドリーについては、
トラブル対応については何度か触れましたが、
実態については、あまり書いたことがありませんでした。

スワさんの件で、不動産投資家のなかにも、
コインランドリーに興味のある方がたくさんいらっしゃることがわかったので、
私の手法や感想について、綴ってみようと思います。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


長い話しになりそうなので、
取り留めのない文章になるのを避けるため、
まずは見出しを考えてみました。

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
◆コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆運営に必要なコスト
(1)初期コスト
(2)ランニングコスト
◆二通りの方法を検討
(1)新品て、どうなんかなぁ
(2)中古機器はどうなの?
◆仕入れた機器と価格
◆機器のメンテナンス
◆売上予測と売上推移の傾向
◆売上アップのアイデア
◆コストダウンのアイデア
◆あぁ~~、完全にアウトだね
◆コイランドリーに対する私の考え
*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*


それで、今後、一章ずつ綴っていこうと思います。

まずは、第1章。


コインランドリーを選んだ理由と、その入り口

(1)選んだ理由

私は、不動産投資・不動産賃貸業を主軸とした事業運営を行うなかで、
物件を購入できないなど、事業の拡大を思うように図れない場合の
収益の補完システムの一つとして、
コインランドリー事業の可能性に着目しました。

しかし、いざコインランドリーをやってみようかな。。。
と思っても、コインランドリーを実際にやっている知り合いが、
当時の私の周りにはいませんでした。

皆さんも、そうじゃないですか?

5~6年前に、コインランドリーをやってる人って、周りにいました?

いなかったでしょ?

しかも、当時のコインランドリーって、コンビニとは異なり、
『やってみたいな』と思った場合でも、
問い合わせ先を容易に知ることができなかったんです。

なんとなく、知る人ぞ知る、ブラックボックスのような、
怪しい雰囲気のする業界に見えました^^;

それこそ、その筋の方々が、暗躍してる業界なんじゃなかろうか・・・
と思っちゃうような雰囲気を、勝手に感じていました。

今でこそ、Google様で『コインランドリー』と検索すれば、
色々な業者がヒットしますが、
当時は、そんなことはなかったですからね。


(2)コインランドリー業界の入り口

それでも、当時の私は、知人からリアルな話しを聞く機会がなかったので、
Google様で『コインランドリー』と検索してみたんです。

すると、コインランドリーを長く続けている方のブログに辿り着き、
その人の会社へ出向き、現場の雰囲気を見せてもらうことができました。

この人です
https://plaza.rakuten.co.jp/kobegiken/

まぁ、当時は、コインランドリー業者のサイトに辿り着くこと
のほうが難しかったんじゃないかなぁ。。。

それで、そのブログ主の方のお店を幾つか見せてもらったのですが、
この方は、自らのお店を運営しつつ、
そこで培ったノウハウを用いて、他者のお店の開店サポートを行っていました。

そんなことで、その人が抱えている中古機器の在庫を買って、
工事もしてもらう、というような感じで話しが進みそうになりました。

でも、この人と取引するのはやめました。

話しをするたびに金額が変わるし、
なんというか、見せてもらった全てのお店が、
お世辞にも、あまりキレイとは言えなかったんですよね^^;

ただ、その人は、ご自身で機械を改造しちゃう位にメカに詳しく、
ランドリー運営の経験も豊富なスゴい方なんです。
本当は、うまくお付き合いできれば良かったのですが。。。

自分のお店はキレイに仕上げたい・・・と思っていたので、
これはちょっと、お任せできないな、と。
苦渋の決断をしました。

ということで、別の方法で開店することにし、
さらに、Google様にお世話になったところ、
幾つかの業者さんに辿り着きました。

そして、どのような方法で一号店をオープンするのかを決める、
大きな出会いがありました。

そんなこんなで、
ウェルカムな看板を掲げていない人へコンタクトを取り、教えを乞う、
なんていうもの凄く高いハードルを乗り越え、
なんとなくコインランドリー業界に足を踏み入れました。

このように、当時のコインランドリー業界って、
入口がもの凄く小さく、見えづらいところにあるような気がしました。


つづく。




今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では!

2 件のコメント:

  1. >でも、この人と取引するのはやめました。
    話しをするたびに金額が変わるし、
    なんというか、見せてもらった全てのお店が、汚かったんですよね

    うん、それはわかります(笑)私もお会いしましたが、いい人なんですが、いうことがコロコロ変わるので、結局は依頼できずでした。
    まぁ、他にも忙しそうだったので、めんどくさかったんでしょうねー

    返信削除
    返信
    1. 白い山の大家2017年5月31日 8:39

      コメントありがとうございます。
      見ず知らずの私を受け入れてくださるなど、本当にありがたかったので、最終的な決断に至るまで、シンドかったです^^;

      削除