◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2017年5月24日水曜日

下水漏出の大惨事!【後編】助けてくれー!!

最近、室内撮影のために、超広角で撮影できるカメラを欲し、
一眼レフカメラを衝動買いしちゃったんですが、
もう一つ、おもちゃを買ってみました。

これ↓


クリップ式で簡単に装着可能なスマホ用のコンバージョンレンズです。

私が買ったのはこういうヤツです。


で、早速使ってみました。

使用前後の差異を確認するため、
まずはコンバージョンレンズ無しで、普通に撮影すると。。。

こんな感じ。


まぁ、フツーですね。今まで通り、って感じです。


さて、問題のコンバージョンレンズを使うと。。。


じゃじゃーーん!

横のほうの歪みが出ましたが、広角感ハンパねー♪って感じです。

ただ、ちょいとばかしピンボケ気味なので、
練習が必要かも。。。って思いました。

でも、スマホで手軽に超広角撮影が可能になっちゃうと、
こないだ買った一眼レフカメラ、要らねーんじゃねーのー?

ねーのーー

ねーのーーー

ふぅ。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ランキングのご支援をお願いします。

ブログのランキングに参加しておりまして、
下の画像をクリックしてくださる人の数で順位が決まります。

ぜひとも、こちらの画像のクリックをおねがいします。

ブログランキング⇒https://blog.with2.net/link/?1907856
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


さてさて、長い前置きはここまでにして、ようやく本題です。


前回の投稿では、
下水漏出の原因は下水管の詰まり&下水逆流だった、と思いきや、
下水の逆流が発生していないのに、
壁の向こうから下水が流出してきたよ、ヲイヲイヲイ、マヂヤベーーヨ、
ってところまで書きました。


少しだけおさらいしますと、
下水管の詰まりが解消し、ホッと一息・・・
と思っていたら、今度は、
下の写真の右側に写っているパソコンデスクの後ろ側の壁の下の隙間から、
なにやら、チョロチョロと水の流れ出る音が聞こえてきたんですよ^^;


そして、流れ出る音がするということは、
当然、水が流れ出ているわけでして、
コノカベノムコウニハ イッタイ ナニガ アルノデスカ?
って状況になっちゃったわけですよ。


それで、ただヤベーヤベーって言ってても状況は好転しないので、
意を決し、壁を斫(ハツ)ることにしました。

今まさに下水が流出しているので、一刻の猶予もありません。

ソッコーで事務所へ戻り、斫り機を持ってきました。


そして、まずは、壁の下のほうに穴を開けてみました。


すると。。。


ゲロゲロゲローーー。

予想通り、壁の向こうから、下水が勢いよく溢れ出しました。
ギャァー!∑(ll゚Д゚ノ)ノ


どうやら、この壁の向こう側が本丸のようである!
と、見えない敵に立ち向かうべく、一心不乱に壁をぶっ壊しました。

ガガガガガガガガガガガガガ・・・・・・・・・


バッコーーーーン!


ヨッシャーーーー!ドウヤーーー!出てこんかーーい!
と、心の中で呟くも。。。

しーーーん。

壁のなかは、PS(パイプシャフト)だったので、
まぁ確かに下水管が通っていますが、
別に、下水が漏れている雰囲気がありません。


ちょうどここで、別の設備屋さん(Bさんとしましょう)が、
現場へ駆けつけてくれました。


斫り作業で疲れた私は、ここで一旦休憩です。


Bさんは、ありがたいことに、
本丸だと思って攻め込んだPS内に溜まった下水を掃除してくれました。

そして、PS内の下水管をチェックし、
下水漏れが生じていないことを確認してくれました。


うーーん。

コレマタ ドユコトヤネン?
って状況になってしまいました。


さっきまでは、確かに、このPS前の壁下から下水が流れ出してきたのに、
今は、何事も無かったかのように、
水の流れが収まっているんです。


そして、Bさんと私とで、
アーデモナイ・コーデモナイと原因を検討していたとき、
また、アレが聞こえてきました。

上階からの下水の流れる音です!


そして、それと時を同じくして。。。


ん?


ヲヲヲヲヲヲヲオヲッウィオフォアイオfdジャシオ!


コレッ!↓


位置を図で示すと、下の赤丸の辺りです。


機械室からPS(上の図では右側のPS)に入り、
その右側の壁(上の図では、PSの左側の壁)の下のほうから、
超汚い水が、流れ出てきたんです!


どうやら、本丸は、隣りのPSだと思われます!


容易に攻め込まれないよう鉄壁の守りを敷く強敵を前に、
Bさんと私は、目を見合わせ、『やりますか!』と、
突撃の意志を確かめ合いました。


ここからは、Bさんに任せました。


そして、PS間の壁を完全にぶち抜き、
敵の本丸を丸裸にしてやりましたよ。


麻原彰晃も真っ青な隠れ家に、私たちも、敬意を払わずにいられませんでした。


そして、奥のPSを覗き込むと。。。


今まさに、下水が下水管の表面を伝って、
流れ落ちてくるではありませんか(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


上の写真に写っている三本の配管のうち、
真ん中の配管だけ、汚水で表面が茶色に汚れ、ドロドロになっていました。


そして、Bさんが、脚立をPS内に持ち込み、
PSの上のほうを確認すると、なんと、
下水管が折れている!ことが判明しました。


もう、事態は一刻を争う状況だったので、
さすがに『写真撮影をお願いします』とは言えず、
アルミテープで応急処置してもらった後、自分で脚立に登り、
写真を撮りました。

コレだよ。


とりあえず、この日は、Bさんが、補修用の資材を持っていないとのことで、
修理は翌日に持ち越しとなりました。


そして、翌日。


暗いPS内から、折れた配管を切り出し、明るい所で確認しました。


なんだか、配管の折れた箇所(赤枠の箇所)が、真っ黒に焼けています。。。


Bさん曰く、
配管洗浄剤を流した場合、塩ビ配管を溶かす程の高温になる場合があるから、
それが原因かもよ。。。
とのこと。


2階か3階の住人が、下水管に洗浄剤を流したのかもしれません。


じゃなきゃ、地震で揺れた訳でもなく、
地盤沈下が発生した訳でもないのに、
下水管が折れるなんて、ちょっと考えられません。


つーわけで、ピーピースルーなどの配管洗浄剤を使用する場合は、
説明書をよく読み、熱による配管破損には十分に気を付けてくださいね。


おっと、こんなことを考えている間にも、
上階からの下水が流れてくるかもしれないので、
急いで、配管を繋ぎ直さないといけません。

てなわけで、Bさんが手際良く補修してくれて、
無事に事件は解決に至りました。。。ふぃぃ。


いやほんと、マヂヤベーーヨって、何回思ったことか、って感じです。

皆さんも、下水管の破損にはお気を付けあそばせ。




今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました☆

では、また!

ばいしゅー!!

2 件のコメント:

  1. この下水配管からの漏水トラブル原因究明すばらしいです。
    論理的に順次仮設を設定し探求!! 2
    小生ではこんなトラブル到底追及できないです。大変参考になります。
                

    返信削除
    返信
    1. スパポンさん、コメント(&メールも)ありがとうございます^^
      トイレの排水では無かったのが、不幸中の幸いでした。
      地震じゃなくても排水管が破損することがある、ということがわかったので、良い勉強になりました^^;

      削除