◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2017年3月10日金曜日

溶接! 看板製作&アンティークゲート補修

おはようございます。
石川県は、相変わらずの曇天ですが、今日も頑張りましょう^^

さて、40億年ビルの看板やら何やらと作らなきゃいけないのですが、
ようやく、昨日、動き始めました。

まず、看板から。

作るのは、これ↓。右上の鉄枠と、右下の表示面です。

簡単なほう(表示面)から手を付けました。

ホームセンターで20mm厚の集成材とアルミ複合板を買い、
その場で400mm角にカットしてもらいました。

そして、現場でアルミ複合板を集成材の両面にビス留めするだけ。

簡単です。カットしてもらったのが正解だった。

お次は、鉄枠です。

久しぶりのアーク溶接のため、気持ちが若干重いです。

30mm幅・900mm長のプレートを2枚買ってきて、
まずは、サンダーでそれぞれを半分にカットしました。

そして、二本の端部を溶接しちゃいます>_<

90°に交わるように、木枠を用意しました。

端部を突き合わせ。。。

溶接、開始!

ぶぶぶぶぶっぶぶぶぶっぶぶぶぶぶぶぶぶぶうびあlすいvごうあおいうじゃ・・・
(※アーク溶接の音。こんな感じなんです^^;)

ふぃぃ。

なんとか、くっ付いた。

こんな感じで溶接しまくり、鉄枠が完成☆

ポールに固定する際に使用するバンドを通すための穴も開けておきました。
カンペキ!

最後に、鉄枠内に表示面を嵌め込んでみました。

後日、鉄枠の塗装と発注済みの看板シートの貼り付けを行い、
建物前のポールに固定しちゃいます。


お次です。

届いたのは、これ↓ ナンデショウか?

こんなヤツです。

イギリス製のアンティークですぞいなこれ!
ステキ ( ̄∇ ̄+) キラキラキラ~♪


de su ga...

このアンティークのゲートちゃん、
蝶番もノブもロックも、無い!

牢屋の材料か!って状態で届いた!!

なので、手始めに、蝶番を溶接しちゃいます。


付けた!
上下に1個ずつ(計2個)、付けたった。

んで、立て掛けてみた(;´Д`)

次回、酷い錆を落とし、こいつも塗装しちゃいます。

あ。それから、ノブも造作しなきゃ。

まだまだ続きそうですね。。。
では、今日も行ってきます!



不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿