◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2017年1月26日木曜日

インターネット無料化工事5-2

先日のLAN配線工事の続きで福井物件へ来ております。

前回の作業時は天候のゴキゲンが斜めで、雪模様でしたが、
なんと、この日はちょいとした吹雪のような天候です。
しかも、寒い。。。

外の作業は、手がかじかんでしまうので、先が思いやられます^^;

とまぁ、そんなこんなな気分で現地に到着しました。


この日は、NTTの下請け業者さんがONUの設置&開通確認を行うので、
それに立ち会う必要があります。

ただその前にやらなきゃいけないことがあったんです。
前回の作業で設置した1階ボックス内に、電源が無いので、
どこかから引っ張ってこなきゃいけないんです。

つーわけで、ちょいと落ち着いて、作業内容の確認です。


前回の作業も含め、作業順に列挙しますと。。。
・共用部の各階(1~3階)にある情報ボックス間をLANで結ぶ
・1階ボックスにONU&ルータ用スペース(今回はボックス)&電源を設ける
・2階ボックスにHUB用スペース&電源を設ける
・3階ボックスにHUB用スペースを設ける
・空室一つにLANを通し、モジュラージャックを設ける
※以上、作業済み。
・1階ボックス内への電源設置
・ONU設置&開通確認の立ち会い
・空室での開通確認&ルータ設定
ざっと、こんな感じです。


では、まず1階ボックスへの電源への引き込みですが。。。

1階ボックスのなかを覗き、あちこちを見回してみると、
NTTの機器へ接続された電源線を発見しました。

この電源を辿っていくと、共用電灯の充電回路から引っ張っていることがわかりました。

つーわけで、この回路を分岐させ、電源を拝借しようと思います。

方法は簡単です。
この電源線を一旦切断し、電コネ(※下写真参照)を介して、
電源を、NTT機器への回路とONUへの回路とに分岐させればOKです。

電コネってのは、差込形電線コネクタのことでして、こういう奴らのことをいいます。


ところが、ここで問題発生です。

NTT機器への電源線は、共用電灯の充電回路の電源線に直結されており、
一旦電源を落とすことができません。

従って、通電状態のままで電源線を切断しなきゃいけません。

めちゃ小心者のワタクシ、ここで思いました。

『通電している電源線二本を一度に切断すると、回路がショートし、スパークしちゃう。
これは知ってる(やっちゃったことがある)ので、絶対にNGだな。
では、一本のみだったら切断しても大丈夫なのか?
いや待てよ。。。一本とはいえ、通電しているんだから、
切断した瞬間にペンチを介して回路がショートするから、危ないんじゃねーの?』
と。

で、考えることしばし。。。
KZKさんに電話しちゃいました^^;

いつも助けてもらってばかりです。

今回も、あっけなく解決しました。

『確かに、二本いっぺんに切断すると危ないケド、一本ずつなら全然大丈夫。』
とのことでした。

というわけで、意を決し、作業開始です。

まずは、NTT機器の電源線を可能な限り引っ張り出します。


引っ張り出した電源線の被覆を剥き、白・黒の二本線を引き出し、
一本ずつ切断します。

そして、電コネで接続し直します。

こんな感じです。


次に、ONU&ルータ用の電源線も電コネに接続します。


これで電源の用意は完了です。

そして、タイミングよくNTTの下請け業者さんが到着しました^^

吹雪きのなか、何故か薄着で作業を行う若者。。。


15分ほどで設置&開通確認が完了し、
新規ボックス内は、こんな感じになりました。


次は、空室での作業です。

空室の壁に設置したLANモジュラージャックへLANケーブルを挿し、
ノートPCを用いて、ネット開通を確認します。

既に5件目の設定作業なので、慣れたもんです。

あっという間にネットへ接続できました☆

これで福井物件は、ネット無料化の道を進むことになります。

この空室の隣りの部屋も2月中に空くので、
そちらへもLAN配線を行い、空室が発生するたびに、
同様にLAN配線を行う運びとなります。


では、これから40億年物件へ行ってきます。
リノベが随分進み、スゲーのになってきましたよ♪



LAN配線工事が参考になった!という場合は、
下のダーツの的の真ん中をクリックしてください。


不動産投資 ブログランキングへ

4 件のコメント:

  1. こんにちは
    面白く読ませて貰ってます。私も自分でデキること(壁紙、クッションフロア、錠前のシリンダー交換など)は自分でやってますがエアコン交換とかLAN設置とかまでやってるのは驚きです。ところで電気工事士の資格お持ちなんですよね?その割には電気について素人っぽさがあるんですが・・資格取ったけど仕事としてやっていないので経験が足りてないってところでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 白い山の大家2017年2月6日 4:35

      コメントありがとうございます。
      ペーパー電気工事士ですから知らないことだらけなんです^^;
      その分、伸びしろが大きいということです☆

      削除
  2. いつも拝見してます。
    私は不動産管理会社に勤めていますが、大家さんにお手伝いして、こんなこともできると伝えたいです。
    詳しく、インターネット無料化について、構築のやり方や、機器の取り付けなど教えていただければ嬉しいです。

    返信削除
    返信
    1. 白い山の大家2017年3月6日 8:29

      コメントありがとうございます。

      当ブログをパソコンで見ていただくと、上のほうに過去のネット配線工事(物件5つ分)に関する記事が一覧表示されていますので、まずはそちらをご確認いただければと思います。

      LAN配線工事は、建物の造り(配管の有無やルートなど)によって難易度や方法が異なりますし、電気工事士資格が必要な工事が発生するかもしれないので、ハードルは低くないかもしれません。
      それでも、やる気のある大家さんのなかには、取り組む方がいらっしゃるかもしれないので、ぜひ教えてあげてください。


      ちなみに、ネット契約の際には、空室一つでネットを使用するということにし、書類や機器類は別の住所(私の場合は自社)へ送るようにしてもらってください。

      その空室に光コンセントが設置されていない場合、NTTの下請け業者が光配線工事にやって来ますが、『屋外の分電盤や情報ボックス内までの配線で構わない』と伝えると、工事が簡単に済むので喜んで施工を終わらせてくれます。

      後は、そのボックス内で、光回線をONUとルータを介して分岐し、必要な部屋へLAN配線すればOKです。

      後日、記事にしてみますね。
      がんばってください^^

      削除