2016年8月19日金曜日

瓦チップを敷き、ショベルカーを体験しました

海の近くのアパートにて、
暑い・暑い・暑~~~~いなか、
看板作成の最後の作業を行ってきました。


ホームセンターで仕入れた瓦チップを携え、現場へ向かいました。

瓦チップを看板の周りに敷き、あっという間に作業は完了しました。


何だかんだで看板が完了するまで長い時間が掛かっちゃいました。

でもまぁ、これで、このアパートの本当のスタートという気分です。

空室が一つあるので、早く成約しますように☆



◆ヤンマーミュージアム

話しはガラッと変わりますが、
16・17日に、長浜市の琵琶湖の傍にあるヤンマーミュージアムへ行ってきました。

ヤンマーの農機具や船舶用エンジンなどのヤンマー製品や、
ヤンマーの歴史に関する資料などが展示されていました。


このミュージアムには、DIY好きな男子を喜ばせる玩具がありました^^

コレだよ。

ショベルカーの操作を体験できるシミュレータです。

コックピットの前方に設置された大型スクリーンに表示される工事現場で、
掘削作業を模擬体験できるんです。

しかも、操作に合わせてコックピットも振動したり傾いたりするなど、
なかなかの臨場感を味わえました♪

僅かな時間(5分か10分くらい?)でしたが、
以前から重機を運転してみたかったので、本当に楽しかったです。


それから、このミュージアムのエントランスの壁が気になったので、
写真を撮ってきました。

これ

打ちっ放しのコンクリートの表面が木目柄になっていました。

パッと見では、灰色に塗装した木材なの?って感じでしたが、
触ってみると、やっぱり、コンクリートです。

これは、おそらく、杉板本実型枠(すぎいたほんざねかたわく)という、
杉板を組み合わせて作る型枠を使ったんじゃないかと思うのですが、
仕上がりが本当に綺麗でした。

よくある木目柄のコンクリート打ちっ放しの表面には、
杉板同士の継ぎ目がくっきりと見えるのですが、
このミュージアムの壁には、継ぎ目が見えませんでした。

施工方法が異なるのか、職人の腕が凄いのか、どっちなんでしょう。


まぁなんにせよ、ショベルカーを体験できて良かった☆

そして数年後には土木工事もDIYしてるような気がします^^;


ヤンマーミュージアムは、
ショベルカー体験だけでも面白いので、ぜひ行ってみてください。

ヤンマーミュージアムのHP
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 https://www.yanmar.com/jp/museum/

そうそう、本物のショベルカーを使い、ボールを救う体験もできるので、
子供も大喜びですよ♪


これ↓をクリック(タップ)してね。

不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿