◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2016年5月18日水曜日

インターネット無料化工事3-1。鍵交換。排水口エルボ設置。

もうお気づきかとは思いますが、インターネット無料化工事がマイブームです。

リノベよりも楽しくなってきました^^;


そんなわけで、また別の物件にてイタズラです。

ちなみに、インターネット無料化工事に関する記事タイトルは、
『インターネット無料化工事●-○』という形式で表記しているのですが、
●は、何番目に着工した物件であるか(3であれば、3番目に着工した物件)、
○は、何日目の工事に関する記事であるか、
をそれぞれ示しています。


今回の記事は、3-1なので、
着工3件目の物件での1日目の記事です。

まずは、現場視察を兼ねて、現場入りしました。


共用階段の踊場の壁に、電話線の分電盤を納めたボックスが一個ずつあり、
一方のボックスには光ケーブル(マンションタイプ)が引き込まれていました。

左の写真は1・2階間のボックスを示し、右の写真は2・3階間のボックスを示しています。
 

この建物は、一階はテナントのみで、
二階・三階に住居が三戸ずつ(計六戸)あります。

この建物では、二階・三階の住居にのみ、LAN配線を行います。


配線図を描いてみたので、UPしておきます。
※緑線は光ケーブル、橙線はLANケーブルを示します。


なお、ONU、ルーター、ハブは、いずれも電源が必要なので、
今回は、周囲を見渡した結果、非常用照明器具の充電回路から電源を取ることにしました。
これは、次の作業になります。


この日の作業は、下記の二つです。
・二つのボックス間でのLAN配線
・空室二戸(2階・3階に一戸ずつ)へのLAN配線&モジュラージャック設置


まずは、ボックス間のLAN配線から作業開始です。

3mほどの距離しか離れていないため、通線は楽々です。

※左の写真が下の踊場で、右の写真が上の踊場を示しています。
 

この後、二つの空室へLAN配線し、モジュラージャックを設置し、
この日のLAN配線作業は終了です。

室内の写真は撮り忘れました^^;


お次は、空室の鍵交換と、洗濯パンの排水口エルボの設置です。


まずは、鍵交換です。

こんな鍵です。


カバーを外すと、シリンダーがおっ起ってます^^

ビス四本を外し、シリンダーを取り外します。


新しいシリンダーを固定し、カバーを元に戻して完了です。


所要時間は5分程の簡単な作業でした。


そして、室内へ入ります。

このお部屋も、購入直後に頑張った形跡がありました。

洗面所がこんなことになっていました。


かれこれ3年前の作業になりますが、3歳若いだけで、ここまでやるかと・・・
若いって良いな~。

そして、本題のエルボ設置です。

入居者さんが退去時に持ち出したと思ったのですが、
『初めから付いていなかった!』と主張されてしまいました。

何にせよ、無いものは無いので、用意するほかありません。


次回は、またこの物件へ出撃し、
インターネット無料化工事3-2を行います。

電源確保と、ボックスを用意できれば、ボックス設置まで終わらせたいです。



わたしの記事が楽しみなんだよ、という場合は、
下のダーツの的の真ん中をクリックしてください。


不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿