2016年3月19日土曜日

どういうことだ!

賃貸募集の方法に関して、あまりのずさんさにしびれを切らし、
某管理会社に対し、きつい口調で責め立ててしまいました。

募集が弱いという印象の管理会社なのですが、
これまでに、物件が他社へ管理移行される話しを度々聞いていました。

今回、募集の弱い大きな理由の一つを見つけてしまいました。
しかも、スタッフさんは把握していなかった事項でした。
それを外部の人間であり、しかも客である私が見つけてしまったわけです。

内心、管理契約違反だぞ!と思いつつも、むげに管理契約を切らず、事実を突き付けて改善を求めました。

これまでの管理移行物件のオーナーは、
もしかしたら気付いていたのかもしれませんが、
誰も指摘しなかったそう。

私の言葉が、
単なるクレームに聞こえたか、
愛の鞭と感じたか、
いまはわかりません。

情けを掛けた自分の甘さが、今後、吉と出るか凶と出るか、ドキドキものです。











で、いったい何なの?
ってことですよねー。

実は、賃貸ポータルサイトへ物件情報を登録する際に、検索条件の設定が漏れまくりだったんです。

つまり、ユーザーが設備等の特徴で検索すると、
うちの物件はヒットしない!?という悲惨なことになっていました。

具体的には、例えば、
ユーザーが検索条件として「温水洗浄便座」を選択しただけで、
うちの物件が検索されない状態でした^^;

このほか、
室内洗濯機置き場、浴室乾燥機、トランク、エアコンなど、
ふつう、これ位は欲しいよね~って思われそうな設備が、検索条件として設定されていませんでした。

「温水洗浄便座」で検索しただけで検索結果から漏れるということは、
おそらく、うちの物件情報に辿り着いてくれた人は限りなくゼロに近いんじゃないかと想像します。

でも、事態はこれだけに留まりませんでした。

私の物件情報をポータルサイトへ登録する際に、
敢えて、上記の検索条件を設定しなかったのではないんです。

私の物件に限らず、これがいつも通りのやり方だったんです!

これがどういうことか、わかりますよね?

しかも、この状態が何年前から続いてたんだ。

まだ何も解決していませんが、状況は悲劇的だと感じています。


さて、どうしたもんだか。




0 件のコメント:

コメントを投稿