2016年2月16日火曜日

クロスの補修方法

現場では、作業リストを見ながら作業を行っています。


事前のチェック時に、各部屋で必要な作業項目をピックし、
リストにしておくと、作業の都度、考える時間を省略できるので、案外効率的だと思います。

ただし、リストにピックしてない細かい作業も発生します。

例えば、少し前の作業内容ですが、クロスの補修を行ったのでシェアします。


前居住者さんが、カーテンフックを貼り付けていたのですが、
そ~~っと剥がすと、残念ながら、クロスも剥がれました(T_T)

ここまで大きく剥がれてしまうと、補修するためには、コーキングのみという訳にはいきません。

そうかと言って、この一面を張り替えるのは、面倒臭い。


こういうときは、同じ柄のクロスを何とか確保して直します。


どうやって確保するかというと、例えば、同じ柄のクロスを切り取ればよいです。

例えば、この壁。

切り取りました。

穴を開けました。アハッ。

そして、メクラプレートで誤魔化します。

メクラプレートを新たに取り付ける位置は、なんとなくですが、
既存のスイッチプレートやコンセントプレートの下・上・横が馴染むと思います。

次に、先程確保したクロスより小さくなるように気を付けながら、
補修対象のクロスを四角く切り取ります。

先ほど確保したクロスを糊付けします。

クロスを二枚重ねのまま四角く切り、切れ端を取り除きます。

ローラーごてで撫でてやれば、あ~ら不思議。
綺麗に補修できました☆

この日、在庫していたIKEAの照明器具を組み立てました。

これまで20~30個は組み立てたと思いますが、
随分慣れたようで、10分ほどで組み立てることができました。

浴室パネルの補修方法は、もうちょいお預けです。ゲヘヘ。



不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿