2015年11月21日土曜日

水の滴る音の原因と対処状況

先日発覚した、某物件での電気温水器の異常について、
メーカーの下請け業者と、管理会社のスタッフさんとで、
現場にて状況確認を行ってもらいました。

ここに至るまでの経緯は、こちらをご確認ください。

(1)次から次へと・・・

(2)水の滴る音の原因



その後、管理会社のスタッフさんからTELがあり、
現地では、30分ほどの作業で、修理!を行えたとのことでした。

一先ずホッとするとともに、異常の状況について教えてもらいました。

壊れていたのは、逃し弁でした。

逃し弁は、タンク内の圧力が高くなった際にお湯を排出することで、
タンク内の圧力を下げる機能を有する弁で、
今回の給湯器では、タンクの上部に設置されていました。

万が一、タンク内にある部品が故障していたり、
交換部品の用意ができないなど、
部品交換による対処がでいないとなれば、高額な出費になることを覚悟していたので、
本当に良かったです。

また、この物件の給湯器の逃し弁は汎用品に交換可能であることがわかったので、
今後、同様の問題が生じた場合の対処法も明確になりました。

まぁ、故障しないのが一番良いんですがねぇ。。。



不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿