2015年10月8日木曜日

原状回復作業

某物件で発生した空室の原状回復作業を行っています。

大きな作業はありませんが、今月中にご入居が決まったので、
早く終わらせないと、って感じです。


◆まずは、廊下の照明から。

二灯のうち、玄関の上の電球が切れています。

外してみると、こんなやつでした。

なんと、ホームセンターで2,000円以上しました。。。

頭のなかでブゥブゥ言いながら取り付けました。

電球タイプのダウンライトだったら良かったのになぁ、って感じです。


◆次に、下駄箱の扉の取っ手交換です。
表面の塗装が剥げ、半裸状態のイヤラシイ感じになっていました。

IKEAで買っておいた取っ手が在庫してあったので、交換しました。


◆次に、洗面所のクロスの補修です。

ジョイント部に割れ目が発生していました。

大手の管理会社に丸投げしていると、
補修ではなく、張り替えの提案をされることでしょう。
しかも、m単価1,200超で!

そんなことはさておき、この程度の綻び(ほころび)は直しちゃいます。

あ。フと見ると、糊付けも必要な状態でした。

ヤフオクで買った糊を使います。
この糊は、以前、クロス張替をセルフで行っていた際に、
ヤフオクで大量に仕入れたものの残りです。

あと、ペットボトル一本の在庫があります。

それで、クロスの浮いていた箇所へ糊を塗り、貼り直した後、
ジョイントコークを割れ目に注入します。

その後、乾いた布(今回はウエス)で拭き取れば完了です。
パッと見では割れ目の存在すらわからなくなりました☆


◆次に、洗面台の排水口の補修です。

洗面台の扉を開けると、下水の臭いが漂ってきたので、
コレは!?
と思い、下を覗いてみました。

すると、案の定、防臭キャップが外れていました。

防臭キャップを排水管に嵌め直そうとしたのですが、なんと、嵌りません。

??
と思い、よく見ると、
防臭キャップの径が排水管に対応していませんでした。

どうしようもないので、ホームセンターへ走り、キャップを買ってきました。
近所のホームセンターには、排水管に差し込むタイプのものしかありませんでした。

本当は、下の写真のように、
排水管に被せるタイプのもののほうが取り付けが楽なんです。

まぁ、何とか取り付けできたので、良しとしましょう。

排水管回りの床が濡れているのは、
排水ダクトを外した際に、トラップに溜まっていた汚水がこぼれちゃったのが原因です。
ゲロゲロ~~


◆次に、お風呂の水栓金具の補修です。

下の写真の湯温調節ハンドルが回りづらくなっていました。

このタイプの水洗金具ではよくあることなのですが、
ハンドルの樹脂キャップを取り外し、金属同士の隙間へCRCを吹き付けつつ、
少しずつハンドルを回します。

CRC→ハンドル回す、という作業を地道に繰り返すこと5分。。。
元通り、軽く回るようになりました。


◆次に、照明器具の問題発見です。

洋間の天井には、IKEAの照明器具が設置されているのですが。。。

傘の上に、埃がビッシリと溜まっていました。

濡れ布巾で拭き取ろうとしましたが、こびり付いていたため断念しました。

持ち帰り、分解して綺麗にしようと思います。


◆最後に、問題をもう一つ見つけちゃいました。

リビングの天井には、IKEAの照明器具のほかに、
ダウンライトが二つ埋め込まれています。

その一つが球切れしていました。

さっきホームセンターに行ってきたのに。。。

と思いながら、また、2,000円以上する電球を買ってきました。あぅぅ

当たり前ですが、取り付けたら、点灯しました。


さて、最後に、投稿予告です。

場所を移動し、貸し駐車場を見に行ったところ、
雑草がボーボーでした。


刈払機で草刈りしたので、
アフター写真を後日UPします。

げへへ。
いまから、廃墟アパートの解体現場へ行ってきますよ。


不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿