2015年10月15日木曜日

金庫破り&解体が始まりました

廃墟アパートの解体工事が始まりました。

今回壊すのは、こちらの物件です。


とうとう壊すのかぁ。。。と物件を感慨深く眺めていたところ、
室内に金庫が置いてあるのが見えました。


先日、室内を物色したときには気づきませんでした。

しかも、室内のゴミを撤去した作業員の方が金庫のドアを破ろうとした形跡がありました。

こんな感じでドアがボロボロな状態でした。

それでも、このボロボロの状態でドアはロックされており、
バールでこじ開けようとしても、歯が立ちませんでした。

そこで、グラインダーで蝶番を壊し、蝶番側(鍵の反対側)からドアを開けることにしました。

その結果、無事にドアを開けることができましたー!


さて、お宝ハッケンか!?
とドキドキしながらドアを開けたところ・・・




ぶひ~。

紙クズだらけぇ。。。


預金通帳が数冊ありましたが、
どれも残高“0”と印字されていました。ガックシ。。。


さてその頃、建物の外では、
解体作業員の方が、私の金庫破りが終わるのを待ってくれていました。

流石に、所有者が中にいる状態で解体を始めるわけにはいきませんからね。



後は、解体作業の写真をUPしておきますね。


まず、重機の到着。
鉄のキャタピラで道路を移動するので、まるで地震のようです。。。


重機が道路を封鎖した状態はマズいとのことで、
躊躇なく解体が始まりました。


30分経過。。。

とここで、私は別の用事があるので、現場を離れました。

翌日、建物は姿を消したそうです。

解体って、案外スピーディーなんですねぇ。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿