2015年9月23日水曜日

≪前編≫スウェーデンハウス見学!の後に見た悪夢

シルバーウィーク中、家族の予定を立てていなかったので、
スウェーデンハウスのモデルルームを見学してきました。

というのも、先日、富山の某大家さんが、
フェイスブックで、写真付きで『スウェーデンハウスのアパートを見学してきた』と書いていたのを見て、
これは営業マンに直接聞いてみなければ!
と思っていたからなんです。

で、到着したのが、こちら。
石川県庁のすぐ近くにオープンしたばかりのモデルハウス。

当然のことながら、新しい住宅なので、あれもこれもスゲーです。

洗面所も広いです。書斎にできそうなレベル。。。

暖炉も置いてありましたが、
スウェーデンハウスは、30年前から3層ガラス・木枠サッシを採用し、
壁内・小屋裏の断熱材もパンパンに詰めてあるなど、
断熱に相当なこだわりがあるようで、真冬でも暖炉はあまり必要ないとのこと。。。

で、問題の建築費ですが、坪単価65マソ前後だそうです。
ローコスト住宅の約2倍ですね。


さて、実は、スウェーデンハウスを見た翌日、別の物件を探検してきました。

それが、こちら。

築46年(放置後20年以上経過)の超熟物件☆キラーーン

見ての通り、玄関ドアが空きっ放し、窓ガラスが割れっ放し、瓦が落ち放題!
のステキ物件です。


実は、購入後一年以上経過していたのですが、
見る度にパワーが奪われるので、室内に入ることすらできずにいました。

それが、ようやく解体することに決めたため、
意を決して、室内へと潜入してきました。

が、その決意を遥かに凌ぐ悪夢が室内で待ち受けていることに、
この時はまだ気づいていませんでした。

つづく。。。




不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿