2015年7月1日水曜日

アパートローンの金利が下がりました☆

約5年前に契約したアパートローン二件について、
固定金利期間(5年)が経過するとのことで、
固定期間見直しのお知らせハガキが届きました。

ちなみに、現在の金利は、1.9%と2.0%です。

当時は、まずまずの金利だと思っていましたが、今では高いと感じてしまいますねえ。

それで、しばらく放っておいたところ、
昨日、銀行のローンセンターから電話が掛かってきました。

・変動(2.7% 高っ!)
・2年固定(1.5%)
・3年固定(1.6%)
から選択可能だと言われたので、
うち一件は来年売却予定の物件に関する融資であることを考慮し、
最も金利の低い2年固定を選択しました。

というわけで、8月の返済から、
1.9%→→→1.5%
2.0%→→→1.5%
という具合に、二件ともに1.5%となり、
僅かではありますが、返済額が小さくなります。

金利交渉が必要になるかなあと思っていたので、
結果オーライというところです。

あ。
金利交渉すれば、もっと金利が下がったんじゃね、って?

うーん、どうなんでしょ。

交渉していないので何とも言えませんが、
団信付きで1.5%であれば、銀行側の儲けはかなり少ないだろうと思うので、
こんなもんだろう、と勝手に解釈しました。

ですよね?

不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿