2015年6月24日水曜日

作業4日目?@根上物件

根上物件でリフォームを開始したいのですが、
水道関係のトラブルなどが原因で下準備に手間取っています。


◆キッチンの給水管の修理

まずは、キッチンでも発覚した給水管ぷらっぷら事件の対処から。

右側の水洗金具の部品は、パイプレンチとモンキーで外せましたが、
左側は外せませんでした。

それで、今回はグラインダーを持ち込み、最初っからやるきマンマンです。


タイルの目地と、その奥にあるボードをグラインダーで削り、
がばちょ~っと剥がしてみました。

すると。。。

予想通り、給水管が外れていました。


しかも、上の写真では、給水管を固定する木材が軽鉄に水平に固定されていますが、
これは、私が固定し直した状態を撮影したものです。

実は、タイルを剥がした直後の状況では、
この木材の一端(左端)がビス留めされておらず、
右端を固定するビスを支点にして垂直に垂れ下がっていました^^;

建築当時、どうやって給水栓を固定したのだろうか。。。


しか~~し、どうなってんだ!この建物は!!

施工不良とか手抜き工事とかのレベルじゃねーぞ。

これ、わざとだろーが!


結局、タイルを剥がす際に金槌で傷をつけてしまったので、
張り替えることにしました。。。

時間とお金が~~



◆窓枠補修

窓枠が雨に晒されたせいで、ボロボロだったので、補修しました。

まず、既存のボロボロになっていたシートを剥がします。


その後、DAISOで仕入れた2m・100円の補修シートを貼りました☆


DAISOのシートは、カッティングシートとリアテックシートの中間位の厚みがあり、
施工がし易いと思います。

耐久性は不明ですが、コストパフォーマンスは最高ですねぇ♪


◆敷居が。。。

フと目線を落とすと、敷居が、こんなんになってました。



シートが片寄り、シワシワになっています。

軽傷と判断したので、敢えて補修しないで、
敷居すべりを一旦剥がし、少しずらして誤魔化し貼り直しました。



◆巾木剥がし

サンルームは、空室3つ共に、床・巾木がボロボロです。


CFを貼るために、巾木を剥がしておきました。


あー、これからタイルの補修だよー。面倒臭いよー。

不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿