2015年6月24日水曜日

買付進捗と壁補修@根上物件

先日買付を入れた石川県内の木造アパートの件ですが、
隣地600坪を同時に売却したいとの売主さんの要望があり、
この隣地を購入することにした不動産屋さんの動きも絡んできたため、
売買契約の予定すら立っていません。

しかも、私の購入予定のアパートについては、
建物と土地の所有者が異なり、土地のほうの所有者がご高齢のため、
認知症が認められた場合には、後見人を立てるなどの手続きが発生し、
契約まで2~3ヶ月を要するかもしれないと言われています。

いったいいつになったら契約できるのかわからないので、
この隙に根上物件のリフォームを済ませたいと思います。


さて、今日も現場へ行ってきました。

気温・湿度ともに高く、蒸し暑い日でしたが、
空室の玄関と窓を全開にすると、涼しい風が吹き抜け、
作業中はそれほど苦ではありませんでしたよ。

で、今日の作業はと言うと、敷居と壁の補修です。
少なくとも壁の補修を終わらせないと、クロス施工の職人さんを呼べないので、
早く済ませたいところです。

では、いつものように、写真を幾つかUPしておきます。


◆敷居補修

敷居の表面のシートがシワシワだったので、
表面のシートを剥がし、ここにも、DAISOの補修シートを貼ることにしました。

まず、スクレイパーで剥がします。


これを貼ります。


こんな感じになりました。

いやぁ、DAISOさん、すごいっすよ☆


◆壁補修

洗面所の壁を切開してあったので、元に戻します。

こういう作業は、結構得意です。

まず、開口周囲のボードに下地材を固定します。


新しいボードを開口に嵌め込み、ビス留めし、補修完了です。

あとは、クロス屋さんがパテを塗ってからクロスを施工してくれます。


次は、別のお部屋の洗面所の壁です。

かなり大きな開口を設けてしまいましたが、まず、先程と同様に下地材を固定します。


こちらは、切り出したボードをそのまま嵌め戻しました。



◆キッチンタイルの補修

キッチンの給水管もプラプラだったので、タイルを剥ぎ取り、
新しいタイルを貼るつもりだったのですが、
時間とお金が勿体無いので、剥がしたタイルを元に戻すことにしました。


でも、この日は、午後3時にKidsが小学校から帰宅するのをお迎えしなくちゃいけないので、
2時に現場を離れなきゃいけませんでした。

というわけで、下地を設けた時点でタイムアップとなりました。

明日、元のタイル(裏面にボードがくっ付いている)を貼り付ける予定です。

がんばるので、↓クリック↓をお願いします☆

不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿