◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2015年5月2日土曜日

エコキュート エラーコードF40(続編) 部品を交換して直りました☆

先日、コインランドリーのエコキュートが故障した、と書きました。
エラーコードF40 パナソニックエコキュートで痛い出費かも~T_T

パナソニックのサービスセンターへTELした当日に、技術者が来てくれて、
室外機のコンプレッサーの温度を検知するサーミスタを応急的に交換してくれていました。

『夜が明けたら、タンクにお湯が貯まっているかどうか確認してください。
お湯が貯まっていたら、サーミスタを正規品と交換し、2万円弱で作業完了ですが、
またエラーF40が出ていたら、室外機の交換で20万円ほどかかるかも・・・』
と言われていました。

まさに、天国と地獄のような金額の差ですが、
一夜明けるまでは結果がわからないので、待つほかありませんでした。


それで、翌日の午前中にエコキュートのタンクを確認したところ、
温かかったんです!

何とも久々の感覚です。

リモコンのモニターを確認すると、
確かに、湯量インジケータが満タンになっていることを示していました☆


すぐにその旨を技術者の方へ電話で知らせたところ、
正規品のサーミスタを持参し、交換しておきますとのことでした。

しかも、価格は9,007円でした!
2万円を覚悟していたので、これまたラッキーでした。


ちなみに、交換した部品の品番はこちらです。


『KHE1378605 トシュツサーミスターA』
だそうです。

吐出管サーミスター、とも呼ばれているようです。


あ、いま気付いたけど、部品代が540円なんですって。。。
つーことは、出張料と工賃で9,500円ってことですね。

まぁ、悪徳ではないんでしょうけど、
エラーコードの意味を教えない理由って、この辺にあるんでしょうね。

パナソニックのエコキュートの場合、エラーコードが共通しているらしいので、
F40が表示され、動作が停止してた場合には、
吐出管サーミスターを交換してみてください。


ちなみに、吐出サーミスターという言葉を知ってから検索したところ、
同じエラーコードF40でお湯を貯められないトラブルに関する記事が幾つかみつかりました。

例えばこちら→http://ameblo.jp/amai-ichigo-choko/entry-11245869782.html

もっと早く気付いていれば・・・


そんなこんなな日々でごわすよ。

不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿