◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2015年5月17日日曜日

タイマー設定、洗面台・洗濯パン設置、エアコン設置など

福井物件で作業してます。

が、Facebookで他者のリア充振りを見せつけられすぎたため、
パワーが奪われたような気分で、あまりやる気が出ませーーん。

まぁ、そんな私もFacebookではリア充振りを爆発させていたかもしれないので、
以後、慎もうと思い直しました。

SNSにハマると鬱になる場合がある、というのは当たっていると思います。
みなさんも気を付けましょうね。


◆タイマー設定

さて気を取り直し、まずは共用電灯のタイマーを設定し直しました。

以前書いたとおり、タイマーの現在時刻がズレ(4時間半も進みすぎ)ていたため、
正しい時刻に直しました。


夕方6時から深夜2時まで点灯するよう設定しておき、
帰宅時(夜8時頃)には点灯していたので、とりあえず様子をみることにしました。


◆室内ドアを搬入しました

ホームセンターで室内ドアを特注してもらったのですが、
GWを挟んだため、ようやく納品されました。

車の屋根の上(ルーフキャリア)に載せ、現場へ搬入しましたよ。

この日は、別の作業をしたかったので、とりあえず、ドア枠のそばへ置いておきました。


◆洗面台を設置しました

洗面所のクッションフロアを貼ってもらうために撤去しておいた洗面台を、
洗面所の元の位置へ戻します。

これまで、洗面台はリビングに置いてありました。

リビングから洗面所の元の位置に置きます。

次に、給水管に給水栓を取り付けます。

そして、水洗金具へ延びる配管を接続します。

んでもって、排水管を接続します。

これで配管はOKか?と思いきや、間違いに気づきました。

左側の給水管(給湯管)に、カバーを通すのを忘れていました。
洗面台の背面の穴が丸見えです^^;

というわけで、水洗金具へ延びる配管と給水栓を順に外し、
カバーを通してから、改めて給水栓と配管を接続し直しました。ふぃー。

最後に扉を取り付けて完成です。

ミラーキャビネットは、ホームセンターで7,500円位のを発注しましたが、
まだ納品されていないので、取り付けは後日行います。

ちなみに、洗面台・ミラーキャビネットが汚いなあと感じる場合、
洗面台はクリーニングできれいになりますが、
ミラーキャビネットの樹脂の日焼けは綺麗にならないので、
ミラーキャビネットのみ交換するのがおススメです。

ミラーキャビネットのみであれば、安く交換できるからです。

洗面台は、扉にシートを貼れば見違えるほどきれいになりますよ。


◆洗濯パンを設置しました

洗面台の横に、洗濯パンを設置します。

内装職人さんが、配管の位置に穴をあけておいてくれました♪

クッションフロアを、配管の大きさに合わせて切り取ります。

洗濯パンを床に置きます。

ゴムパッキンを嵌め、シリコンの輪っかを載せます。

キャップを締めれば、洗濯パンが床(排水管)に固定されます。

トラップは、汚れが酷いので、ルームクリーニングの際に綺麗にしてもらうために洗濯パンの上に置いておきました。


◆入居者さん宅にエアコンを設置しました

長年住んでくださっている入居者さん宅へエアコンを設置しました。
一ヶ月前には、古いエアコンを新品に交換したので、このお部屋では二台目の設置となります。

まずは、室内の荷物をズラし、資材や工具を用意します。

必要な配管の長さを測り、パイプカッターで切断します。

配管の先端をフレア加工します。

うまくできました☆

この後、エアコン設置を完了し、動作確認を行ったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。
アーーーン、頑張ったのにぃ。おれのバカッ!! (T_T)


応援クリックを、ぜひお願いいたします!

0 件のコメント:

コメントを投稿