2015年5月1日金曜日

クロス&CF発注 現場でミシン掛けかよ!?

福井物件へ行ってきました。

内装下地(壁)が完成したので、クロスとCFの品番を現場で検討し、
その場で内装屋さんへメールで発注しました。

いつもなら室内の写真を事務所で眺めながら検討するところ、
内装屋さんから、『どうしても5月1日の昼までに品番を教えて欲しい』と言われたため、
急遽、現場へカタログを持ち込み、検討作業を行いました。

汚いですが、こんな感じで品番を書き込んだ間取り図をスマホで撮影し、
メールに添付して発注しました。


廊下とLDKの床(フローリング)は、全面的にヤスリ掛けし、
ステイン塗料を塗ってみようと思います。

うちでは、リフォーム会社、ハウスメーカー、マンションデベロッパーの販促用パンフレットをスクラップブックに綴じてあり、
それを眺めながら、内装を考えることがあります。

今回も、スクラップブックに閉じてあった、濃茶の木の色と真っ白な壁の二色使いの雰囲気を参考にしました。
ただ、スクラップしたデザインでは、床材として無垢材のフローリングを使用しているっぽいですが、
今回のお部屋では既存のフローリングをそのまま使います。
どうなることやら、全く想像がつきません^^;
止めるかもしれませんが、とりあえず、今のところそんな予定です。



さて、この日の予定としては、クロス・CFの発注のほかに、
(1)リフォーム済みの最後の一室をモデルルームにするため、先日申込いただいたお部屋から家具類を搬入する作業と、
(2)その最後の一室の窓にレースカーテンを取り付ける作業
を行う予定でした。

嫁を連れて行ったのですが、
私がクロス&CFの品番を検討している間に、レースカーテンの丈詰めを行うとのことで、
ミシンを持参していました・・・

ただ、嫁は不器用なので、ミシン掛けが思うように進みません。

つーわけで、発注を済ませた私がミシン掛けを行い、
嫁には、家具類の移動指令を出しました。


かつて服飾専門学校の夜間部へ3年間通っていましたし、
その後も自分で洋服やカバンを作って販売していましたので、
ミシン掛けはプロレベルです。
こんなところで経験が役立ちましたよ。


つーわけで、カーテンの丈詰めなんてのは、さっさと済ませてしまったので、
嫁の働きっぷりを見学に行きました。

IKEAのソファの分解に手間取っていましたが、
何とかすべての家具類を別室へ移動することができました。



こちらのお部屋も早くご入居が決まるといいなぁ☆


さて、昨晩のことですが、
次女が『指編み、教えて~』と言うので、
一緒に教本を参考にしながらやってみました。


やってるうちに、私のほうがハマってしまい、
延々と編み続けてしまい、気付いたら、娘がテーブルにつっぷして寝てました。。。


次の記事では、エコキュートのエラーの続編を書きます。

不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿