2015年5月4日月曜日

4400円にしてください トランクルームのご案内

私は、トランクルームのご案内・契約・管理を自社で行っています。

そんなわけで、午前中に、HPを見たお客様から電話で内見希望を受けたので、
現地で待ち合わせ、店内を案内してきました。


うちのような屋内型のトランクルームでは、
見に来てくれたお客様のほとんどが、その場で契約に至ります。
競争がほとんどないからです。
※屋外のコンテナボックスの事情は知りません。

ところが、今日のお客様は、その場での契約という形にはなりませんでした。


というのも、
「収納庫サイズにかかわらず、最安値(4400円+税)で借りられると思た。」
んですって。

そんなことあるわけないじゃん!?
しかも、「最安値」ってことは、それより高い価格があるってことを知ってんじゃん!!

変なことを言うんだななーなんて思いましたが、
このお客様はちょっとだけ食い下がってきました。

要するに値下げ要求があったんですが、
「Aサイズは4400円なんだから、Bサイズも4400円にしてよ。
一年分を前払いするから、一ヶ月分オマケしてくんない?」
と言われちゃいました。

ダメだこりゃ。。。と感じたので、料金表を手渡し、
「急ぎでないなら、このなかで再検討いただき、またご連絡ください。」
と伝え、お引き取りいただきました。

最初の電話でうまくサバけるようにならないといけませんね。
不動産屋さんなら、無駄な案内を回避できたのかなあ




不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿