2015年4月15日水曜日

あいかわらず、チンタラしてんなあ! 福井物件で電気工事。

福井物件わず、です。

昨日の工事について記事を書いてまっすー。


まず記事を書く前に、このお部屋の最終形態を明示しておきます。
こちらです↓↓↓↓↓↓↓

廊下を作るために、新しく壁を造作します。

これに伴い、照明のスイッチやコンセントを事前に移設する必要があり、
電気工事を行っております。
壁の制作は、電気工事の次のステップということになります。



さて、そんなこんなで、相変わらず慣れない電気配線工事に翻弄されつつありますが、
昨日も頑張ってきましたよ。


まず、とうとう三カ所目の点検口を設置しちゃいましたYO☆

ここに~

こうだっ!

んでもってー、リビングの照明用スイッチを移設します。

ビフォー・アフターの図面はこちら。汚くてごめんちょ。

既設配線は、廊下と室内が区切られていなかったため、
玄関脇と室内に三路スイッチをそれぞれ設けることで、
玄関でリビングの照明をON/OFFできるようになっていました。

今回の工事では、三路スイッチを撤去し、室内にのみスイッチを設けます。

というのも、今回の工事で廊下と室内とを仕切ってしまうので、
玄関からリビングの照明を操作する必要が無くなったからです^^


浴室の天井裏にケーブルが纏められているので、
まずは、廃止する既設配線を見つけ出します。

こんな感じでごちゃごちゃしており、更に、
建築時の電気工事業者がケーブルの被覆に記したコメントの字が汚く、
配線を理解するのが大変でした^^;

それでも何とか既設配線を見つけ出し、
可能な範囲でケーブルを再利用しつつ、
移設予定の位置の天井からケーブルを引き出すことができました☆


次に、コンセントを増設することにしました。

新しく作る壁にコンセントが無いと不便だからでっすー。



分電盤を見ると、子ブレーカが四個余っていましたので、
そのうちの一つを使用することにしました。

子ブレーカにケーブルを接続し、浴室の天井裏へ引き込み、
コンセント用に配線した新しいケーブルへ接続します。

先程引き込んだリビング照明のスイッチ用ケーブルの横に、
コンセント用のケーブルを落としておきました。

ついでに、別の箇所にもびろ~~んと一本。

この日は、ちょっと早目の15時頃に撤収しました~♪


不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿