◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2015年4月16日木曜日

あ、いや。大丈夫だから。 小松物件の入居者からの呼び出し。壁穴の補修などなど。

管理会社さん経由で、入居者さんからの呼び出しがありました。

この入居者さんは、ちょっとしたワケありな方で、
半年に一度程度の頻度で何やかやと理由を付けて呼び出しがあるのですが、
業者に行かせず、私が出向くことにしています。

今回の呼び出しの理由は、
『浴室の換気扇の音がうるさい』
ということでした。

で、昨日、約束の午前9時に現地を訪ねました。

すぐに換気扇を確認したところ、
他のお部屋の換気扇の音と同程度の音だったので、
『大丈夫ですよ。こんなもんです。』
と伝えたところ、

『あ~良かった。壊れたのかと思ったんですよ~。』
という、なんともあっけない終わり方でした。

まぁ、いつもこんな感じです。
マジで、こんな感じで呼び出されます^^;


ただ、今回は、これだけで終わりませんでした。


『実は、ちょっと見て欲しいんですが。。。』
と言われ、見てみると、
トイレのタオルハンガーが取れていました。

下地の無い壁(石膏ボード)にアンカーが二本刺してあったのですが、
タオルハンガーに力が加われば、そりゃあ、アンカーが抜けますわなぁ。。。

ちなみに、この壁は、コンクリートに石膏ボードをGLボンドで貼り付けてあるため、
タオルハンガーやペーパホルダなどの小物類を取り付ける場合は、
ボードアンカーを使う他に方法がないかもしれません。

でも、この壁は、トイレに座って左側なのですが、
右側の壁を調べたところ、下地(軽鉄)があったので、
タオルハンガーを移設することにしました。


というわけで、既存のアンカーの穴を塞ぎます。
塞ぐと言っても、目隠しするだけです。

まずは、くり抜きます。

メクラプレートを付けて完成。

そして、反対側の壁(の下地)にタオルハンガーの固定具を固定し~

タオルハンガーを取り付けました。

そして、
『終わりましたよ~。』
と伝えたところ、
『あ~~。ちょっと言いにくいんですが、これも何とかなりますか?』
ですって。

このゲーム、いつまで続くんだろう・・・という一抹の不安を覚えましたが、
そこはグッと堪えて笑顔を作ります。

『え~♪どうしましたか?』

すると、
『はい。これなんですけど・・・』

『あら~~、グーパンチ、しちゃったんですか?(笑)』

『いや、その~、何かの拍子に物をぶつけてしまって。。。これって、弁償ですよね?』
とか言い出したので、サクッと言ってやりましたよ。

『あ、この程度なら大したことないですよ。いまから直しますね~。時間、大丈夫ですか?』

つぅわけで、予想外の補修作業が発生することになったため、
工具や資材の手持ちが無く、近所のホームセンターへ買い出しに行ってきました。

んで、30分後に戻ると、何やら良い匂いがしています。

すると、
『コーヒー、ブラックですが、良いですか?』
ですって。

『ありがたく頂きます。ブラックでOKです。あ、でも、15分ほどで作業が終わるので、その後でも良いですかね?』
と伝え、作業に取り掛かりました。


まずは、クロスを捲り上げ、ボードを切開します。
こういう感じに何かがぶつかってボードに穴が開いた場合、
クロスは、破れてはいますが、千切れるなどして部分的に欠損していることはあまりなくて、
パズルのように貼り合わせると、元の状態に戻せることが多いんです。

とここで、入居者さんから声がかかりました。

『コーヒー、ブラックなんですが、ちょっとだけ、匂いをつけてもいいですか?』
とのこと。。。

『えっ?構いませんが、何の匂いですか?』
と尋ねたところ、
『あ、いや。大丈夫だから。。。』
って、おーーーーーーっい!怖いYO!!

しかも、そのあと無言で背中向けやがったし。。。

ここにきて、『やっぱりl、コーヒーはいりません』とも言えず、
何とかして同様を隠しながら、作業を続けましたよ。


はい。ボードの裏側に下地となる材料(今回は木材)を差し込み、ビスで留めます。


んでもって、切開した形に切りそろえた材料(今回は下地と同じ木材)を嵌め込み、
ビスで留めます。

嵌め込む材料は、ボードと同じ厚みのものを用意しましょう^^b

すると、後ろのほう(キッチン)で何やらカチャカチャと音がしており、
とても気になるので、そ~~っと振り返ってみると、
コーヒーカップに淹れたコーヒーに、水筒から何かを垂らしているではありませんか!?

おい。おいっ。おおおおいっ!
大丈夫か、おれ?
こんなところで人生を終えるのは無しやぞ、マヂで。

ここでもう、心臓のバクバクが収まらず、どうしようもない感じだったのですが、
もうどうにでもなれー!と腹を括り、作業を続けました。

はいはい、次はですねぇ、表面が凸凹なので、パテを塗って均すわけですよ。

本来なら1~2時間放置したいところですが、
一刻も早くこの場を去りたいため、ドライヤーを借りてパテを急速乾燥させました。

そして最後に、あぁ?おれの最後じゃねぇよ、作業の最後だよ!
そう、その最後に糊を塗り、クロスを貼り直しました。

完成状態がこちらです。
遠目には穴があったかどうかすらわからない状態になりました☆

これって、業者さんに頼むとしたら、
誰が幾ら位でやってくれるんでしょうかねえ。。。わかんねえや。


あそうだ。
この作業を行う際、床に新聞紙を敷いておいたので、
ゴミの片づけが楽ちんでした。

そして、言いたくない一言を告げました。
『終わりましたよ~。』
あぁ、だからおれの終わりじゃねーし。作業が終わったんだよ!

すると、予定どおり、例のコーヒーが出てきましたよ。

でも、普通に美味いんだよ、これが。
チョコレート風味のコーヒーなんだとさ。

でも、何を混ぜたのか、絶対に教えてくれなかったんだよなー。

おれ、終わったかなぁ。。。

不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿