2015年3月11日水曜日

入居者さんがブチ切れたッ!

福井で購入した物件で、ちょっとしたトラブルが発生しました。


トラブルの発端は、物件購入の決済のあと、
各入居者さん宅へ配布した『家主変更のお知らせ』と題したお手紙でした。

そして、入居中の五世帯のうちの一世帯の奥さんが、
管理会社の女性スタッフを電話で怒鳴りつけちゃいました。。。


言い分としては、
『紙切れ一枚で家主が変わるなんて認めない!
新しい家主との間に賃貸借契約が存在することも認めない!
しかも、10年間も住んできたんだから、値下げしろ!
リフォーム後の綺麗な部屋と同様の家賃なのはオカシイでしょ!
それに、エアコンも温風が出ないし、アコもココも具合が悪い、直して!』
とのこと^^;

建物の所有者が変った場合、
賃貸借契約の賃貸人の地位が新しい所有者に引き継がれる点については、
最高裁判例が出ているようなので、争うだけ無駄なんですがねえ。。。

とりあえず、管理会社さんには、
『値下げは一切行いません。その代わり、
モニタホンとウォシュレットのどちらかを設置するので、選んでください。
エアコンは交換します。』
とお伝えいただくよう伝えました。

すると、2~3日後に入居者さんから電話があったそうで、
ナント!?
『ありがとうございます。できれば、両方設置していただけませんか。』
との回答があったそうです。

どちらかを選んで、と伝えたのに、両方を選ぶとはなかなかのツワモノです。
可愛げが全くありません^^;

実は、どちらか一方を選んでもらったうえで、
設置当日に両方を持参し、両方設置してあげようと思っていました。
完全に、裏の裏を取られてしまいましたよ。

そして、いつものように物件で作業をしていたところ、
とうとう、この奥さんとバッタリと出くわしてしまいました。

さて、どうなったでしょうか?


続きが気になるという場合は、下のランキングボタンを押していただけないでしょうか。

不動産投資 ブログランキングへ

クリック数が多ければ、
この話しに興味のある方が多いということでしょうから、
後日、続きを書きますね。


0 件のコメント:

コメントを投稿