2015年3月14日土曜日

【続編】 入居者さんがブチ切れたッ!

先日、『入居者さんがブチ切れたッ!』というお話しをしました。
詳細は、こちら⇒http://shiroiyama.blogspot.jp/2015/03/blog-post_50.html

その際に、ランキングリンクをクリックしてくださる方が多ければ続編を書こう・・・
と思っていたのですが、実は、なかなかクリックされませんでした。。。

ところが、二日置いてから急にランキングが20位ほど上がったため、
見てくれている方がいらっしゃるんだな、と思いましたので、
改めて続編を書くことにしました。
クリックしてくださった方、ありがとうございました。


さて、現場でリフォーム作業を行っていた私は、
お部屋から共用廊下にフラりと出た際に、
問題の奥さん(入居者さん)と出くわしてしまいました。

私は、恐る恐る尋ねました。

『○○さん、ですか?』

すると、相手は、私の身体を上から下まで舐めるように見ながら、『そうですが・・・』と答えました。
作業着姿の私を完全に警戒しています。


私は、すぐさまこう続けました。

『新しい家主の□□ですが、色々と配慮が足りなかったようで、すみませんでした。。。』

やはりここは下手に出て、様子を伺うのが良いだろうとの判断です。


ところが、奥さんの反応は予想外のものでした。

私に対しても敵意丸出しで襲い掛かって来るかと思って覚悟していましたが、
『いえいえ、こちらこそ失礼な物言いですみませんでした。本当に何と言って良いかわかりません。』
と、本音で謝意を伝えて来ているように見えました。

瞬間的に、これは握手のチャンスか?と踏んだ私は、
用意してあったモニタホンとウォシュレットの交換作業を提案してみました。
今から交換させてもらえないか?というものです。

奥さんは快く受け入れてくださり、室内を見せていただくことができました。

モニタホンとウォシュレットの交換作業は一時間ほどで完了したのですが、
そこから色々と話すことができました。


まず、その他の不具合についてですが、
・浴室の水洗金具から水漏れしている⇒⇒⇒コマパッキンを交換した
・浴室ドアの取っ手が無い⇒⇒⇒取っ手を取り付けた
・室内ドアの建付けが悪く、閉まらない⇒⇒⇒建付けを直した
・室内引き戸がレールから外れる⇒⇒⇒キャスターの突出量を増やした
・エアコンが壊れている⇒⇒⇒後日、交換する旨を伝えた
という感じで対応しました。

かわいそうなことに、これらの不具合について前家主に伝えても、無視されたそうです。。。

そして、奥さんは、最も気になっていた契約云々について語り出しました。

実は、この物件の前家主さんはお金に相当ルーズな方で、
お金のために敷地を切り売りしてきた経緯があり、
10年以上住んでいるこの奥さんも、そういう状況を知っていました。

そしてとうとう家主が変わったということで、
敵がとうとう本丸に攻め込んできたか!?という印象を受けたらしく、
『退去させられるんじゃないか?』
ということを心配していたそうです。

その心配がどんどん大きくなり、
やがて怒りとなって管理会社のスタッフさんにぶつけてしまった、
ということのようでした。

今般、値下げ以外の要望を聞き入れ、本音を聞けたお蔭で、
なんとなく、仲良くなれたように思います。

お互いに、『やっぱり、顔を合わせて話さないとダメだよね~^^』と納得し合い、
今後もよろしくということで、お部屋を後にしました。

大家さんのなかには、入居者さんとのコミュニケーションを避けたい方もいらっしゃると思いますが、
どちらかと言えば、私は、コミュニケーションを取ってしまうタイプの人間です。

ぶっちゃけたところ、これまでの経験の積み重ねで、
お部屋の不具合に関するクレームがあったとしても、
自分で対処可能だと踏んでいるからかもしれません。

それに、自分で対処できなくても、管理会社さんに頼めば良い訳ですから、
クレームを聞く機会を逃して不満を募らせてしまうより良いという考えで行動しています。


あ、でも、ウォシュレットを交換した後で、
『これでお尻を洗えますね!』と言ったのですが、奥さんが無言だったのを見て、
ハッ、としました。

出過ぎたコミュニケーションは控えたほうが良い、ということも学びました。。。

ナニコレ。。。


不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿