2014年11月14日金曜日

看板本体が完成しました☆(看板設置10日目)

◆看板設置(10日目)

現在、下記のデザイン(案)の看板を自作しています。




結構大きな看板をセルフで立てちゃいますよ。


まずは応援クリック、よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
不動産投資 ブログランキングへ


それで、作業工程は下記のとおりです。

STEP1)支柱溶接
STEP2)支柱塗装
STEP3)支柱設置
STEP4)看板作成←いまここ
STEP5)看板取付

前回までの作業は下記のとおりです。
(1日目)アーク溶接→http://shiroiyama.blogspot.jp/2014/10/blog-post.html
(2日目)アーク溶接→http://shiroiyama.blogspot.jp/2014/10/blog-post_31.html
(3日目)錆止め塗装→http://shiroiyama.blogspot.jp/2014/10/blog-post_88.html
(4日目)掘削作業→http://shiroiyama.blogspot.jp/2014/10/blog-post_15.html
(5日目)コーキング打設→http://shiroiyama.blogspot.jp/2014/10/blog-post_97.html
(6日目)仕上げ塗装→http://shiroiyama.blogspot.jp/2014/10/blog-post_12.html
(7日目)看板支柱を立てた!→http://shiroiyama.blogspot.jp/2014/10/blog-post_29.html
(8日目)タッチアップ塗装ほか→http://shiroiyama.blogspot.jp/2014/11/blog-post.html
(9日目)看板枠組み完成→http://shiroiyama.blogspot.jp/2014/11/blog-post_6.html


今回の作業で、看板本体(切り文字作成&アルミ複合板への貼り付け)を完成させました。
では、順にお話ししますね。


◆切り文字の作成

まずは簡単なデザインをしました。

余談ですが、仕事柄、デュアルモニタで作業していますが、デュアルモニタは本当に便利です。
例えば、片方のモニタで資料を見ながら、他方のモニタで文章を書くことができます。

また、今回の看板作成作業では、片方のモニタでデザインしながら、
他方のモニタで切り文字作成用のソフトを操作しました。
そのときの様子がこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

切り文字作成に使用する機器は、クラフトロボというカッティングマシーンです。
ぼくの使っている機器は、2年前に購入したのですが、既に販売終になっていました。。。
今は、同メーカーからこちらの製品が出ているようです→http://tinyurl.com/cuttingmachine

このカッティングマシーンは何ができるのかというと、
専用ソフトで文字やマークをデザインすると、
機器にセットしたカッティングシートをデザインの輪郭に沿って切ってくれるんです。

しかも、カッティングシートの裏紙を切らずに、シールのみを切ってくれるんですよー。


では、カッティングシートをセットし、

切って切って切りまくる!
ちなみに、上の写真は、余分なシールを剥がした後の状態を示しています。


それから、カッティングシートを切っただけでは貼れない(貼りにくい)ので、
アプリケーションシートという転写シール(透明なシール)を重ね貼りしておきます。


◆切り文字の貼り付け

まずは、個人事務所のほうから。
転写シートを貼った状態で切り文字の位置を決めます。

んでもって、端から転写シートを剥がしていけばOK。

コツは、転写シートをゆっくりと剥がしながら、
切り文字(シール)とアルミ複合板の間に空気が入らないように、
食器洗い用スポンジで撫でながら切り文字を貼っていくことですね。

一枚目が完成しました☆
同様に2枚目も貼りました。

お次はコインランドリーの看板です。
切り文字の貼り方は、こちらの写真のほうがわかり易いかもしれません。
 転写シートの端を手で持ち上げたまま、スポンジで撫でながら貼っていくとうまくいきます。

貼り終えると、こんな感じです。

そして、転写シートを剥がします。

切り文字を貼り付けたアルミ複合板を看板枠組みに差し込み、
看板本体が完成しました。

それにしても、部材のネーミングがややこしいですね。

以降、下記のネーミングで統一することにします。
支柱枠組み 鉄骨の枠組みで、地面からの高さが約3.3mあります。

看板枠組み アルミ複合板などの看板用シートを表面に固定可能な枠組みで、支柱枠組みに取り付けて使用するもの。

看板シート 切り文字を貼り付けたアルミ複合板。

看板本体 看板枠組みと看板シートとを組み合わせたもの。
とはいえ、もうすぐ看板シリーズの投稿も終わりますが。。。


次は、とうとう支柱枠組みへの看板本体の設置を行います☆
とうとう、クライマックスです!


応援クリック、よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿