2014年11月15日土曜日

事務所改装(2日目)


不動産投資 ブログランキングへ

現在、事務所を改装しています。
作業は、今日で2日目です。

過去の作業の様子はこちらをご覧ください。
・(1日目)床下地作製→http://shiroiyama.blogspot.jp/2014/11/blog-post_4.html


◆LED蛍光灯の設置

事務所の応接室として使用する場所は、元々は和室だったため、
天井には、いかにも和室っぽい照明器具(輪っか状の蛍光灯が二重に設置されたもの)が取り付けられていました。

さすがにそのままでは格好悪いので、蛍光灯器具を購入し、LED照明に改造します。

まずは、器具のカバーを外します。

今回は電源内臓型のLED照明を使用するので、
蛍光灯器具に内臓されている安定器を使用しません。

従って、安定器に接続されているコードを切断し、
電源コードを蛍光灯端子に直結させます。

接続方法は何種類かあるため、詳しくはこちらを参考にしてください。
http://www.jkk-denki.jp/led%E8%9B%8D%E5%85%89%E7%81%AF/%E8%9B%8D%E5%85%89%E7%81%AF%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%AE%9A%E5%99%A8-%E9%9B%BB%E6%BA%90/


まずは、安定器から蛍光灯端子へ延びるコードを切断します。

切断したコードの端に、電源コードを連結するための電コネを取り付けます。
器具を二つ使用するのですが、
『電源-器具A-器具B』という具合に、 配線するため、
器具A内の電コネは、電源コードと、器具Bへの配線とを連結可能な三又の電コネを使用します。


器具の改造が完了すると、お次は、天井裏の配線を行います。

商売で電気工事を行っている人であれば、必ず持っているケーブルフィッシャー。
これを使って、狭い箇所や手の届かない箇所の配線を行います。

こういう道具ね。
ぼくは、持っていません。エッヘン。

なので、釣竿で代用します。

今回は、天井に設置されていた換気扇を一旦外し、
その取付穴(直径30cm)に腕だけを入れて作業しました。

頭を入れると腕が入らないため、頭を突っ込んで状況を確認しては、
腕を入れて手探りで配線する、なんてことをやりました。

で、無事に電源コードを室内へ引っ張り出すことができました。

器具を天井に設置し、電コネへ電源コードを差し込みます。

器具を二つとも設置し、点灯させてみました。
一灯式の器具を二つ(LEDを合計二本)設置したのですが、随分明るかったです。
当初、LEDを四本設置する必要があるかと悩みましたが、しばらくはこれで過ごしてみます。


◆換気扇カバーの塗装

換気扇の取付穴を点検口代わりにしたのですが、
換気扇カバーを外してみると、随分と焼けていました。

こちらが、現況です。

あまりに汚い印象だったので、白く塗りました。
真っ白です♪

設置しました。


◆廻り縁の塗装

このお部屋は、元和室なので、廻り縁があります。

さすがに築15年ほどになると、結露・日焼け・擦れなどが原因で、汚れや変色が目立ってきます。


こちらは、結露による変色が特に目立つ箇所。。。

ここは、汚れはそれほどひどくないです。

こっちは、足が頻繁に擦れる箇所なので、白く変色しています。

ステインを塗ったくりました。

こっちも。

こっちもね。

そんなこんなしていると、内装屋さんが来てくれました。
14時からの作業だったので、
この日は、クロス剥がしと、少しだけクロスを貼り付けて作業終了でした。
また翌日に続きを行うそうです。


◆トイレの片付け

応接室の改装に合わせて、トイレの内装も工事してもらうことにしました。

そこで、トイレ内にある洗面台、鏡、ドアなど、
内装工事の邪魔になる物を撤去しました。

こちらが、撤去したドア類です。

配管が露出していますが、これはコインランドリーの給排水管です。

ギャーー(>_<)
トイレからコインランドリーの乾燥機裏が丸見えです。
ここには、取り外し可能な壁を設置します。セルフで。。。

がんばりますよ。


不動産投資 ブログランキングへ

0 件のコメント:

コメントを投稿