2014年10月2日木曜日

最後の空室

小松マンションが善戦しています。

2つあった空室のうち、一つのご入居が決まり、
所有物件全世帯のうち、空室は残り一戸となりました☆


こんな状況です。
・田んぼの真ん中のアパート&テナント→→→9/9(満室)
・野々市役場近くのマンション・テナント→→→7/7(満室)
・小松市5階建てRC→→→14/15
合計→→→入居30戸/全31戸(入居率96.7%)


もう少しで完全満室だ!という意気込みで、
最後の空室へ乗り込みました。


まずは、鍵交換です。

最初に、既存の鍵を外します。

んでもって、予備の鍵と交換します。
シリンダーだけを交換しても良いのですが、
丸ごと交換したほうが楽ちんです。


それから、先日入居を決めてくださった方が、
空室に設置してあった家具類(ソファ、テーブルなど)が不要だと仰るので、
最後の空室へ移動させました。

でも、ソファの座面に黒ずみ(以前の入居者さんによる使用感)が出ていたので、
カバーを掛けることにしました。

でも、汎用カバーなので、サイズは少し大き目でした。

ソファを包み込み、下面側で紐を十字に縛ったうえで、
たるんだ布を隙間に押し込んで使用するタイプのカバーです。

でも、紐を縛るために、ソファを立ててみて、???ってなりました。
紐が一本足りません。

仕方がないので、DAISOで太目の布(今回は、かばんテープ)を仕入れ、
カバーに縫い付けて紐代わりに使用しました。

まぁ、表面的にはかばんテープは見えないので、良しとしましょう。

で、この作業をしている途中で、なんと!ご案内がありました☆

「家主の○○○と申します。」
と言ったところ、内見者さんがキョトンとしていたので、
大家であることを理解できていないようでした。

リフォーム業者あたりに思われたのでしょう。

そのあと、私の存在を気にも留めず、
お部屋、家具、照明器具などについて、ワーワー言って帰って行きました。

私は終始落ち着かなかったですが、
ポジティブな発言ばかりだったので、一安心です。

どうか、お申し込みいただけますよーに!



不動産投資 ブログランキングへ



0 件のコメント:

コメントを投稿