◆◇◆特集記事◆◇◆

水戸大家さんに物件を売ってもらったらトラブった

(1)序章
(2)再燃
(3)ここまで言っちゃうヨ
(4)フカし契約をスルガ銀行にチクってみた
(5)フカし契約の件を金融庁に報告してみた
(6)収用価格が判明しました!
(7)聞こえちゃったんだよね。思い出したわ。

コインランドリーって、どんなんなん?

◆第1章◆ コインランドリーを選んだ理由と、その入り口
◆第2章◆ 運営に必要なコスト
◆第3章◆ 二通りの方法を検討
◆第4章◆ 仕入れた機器と価格
(coming soon!)◆第5章◆ 機器のメンテナンス
(coming soon!)◆第6章◆ 売上予測と売上推移の傾向
(coming soon!)◆第7章◆ 売上アップのアイデア
(coming soon!)◆第8章◆ コストダウンのアイデア
(coming soon!)◆第9章◆ あぁ~~、完全にアウトだね
(coming soon!)◆第10章◆ コイランドリーに対する私の考え

下水漏出の大惨事!助けてくれー!!

前編:下水漏れ事故、勃発!
中編:問題解決かと思いきや!?
後編:鉄壁の守りを打ち砕く!

インターネット無料化工事


◆1物件目(1)

◆2物件目(1)
◆2物件目(2)
◆2物件目(3)
◆2物件目(4)

◆3物件目(1)
◆3物件目(2)
◆3物件目(3)
◆3物件目(4)

◆4物件目(1)

◆5物件目(1)
◆5物件目(2)
◆5物件目(3)

2009年5月4日月曜日

クローゼットのランナ…交換できず(>_<)

空室のクローゼットを開けてみたとき、金属同士が擦れているような、キキーッという嫌ぁな音がしていた。

よく見ると、扉の下部から下方へ突出している弾性部材(通称、ランナー)の先端が、正常な状態であれば、樹脂製のキャップが被さっているはずなのに、何らかの原因でキャップが外れたため、中の金属が露出して、クローゼット下部の金属製レールに接触していたのが原因でした。

クローゼットの扉は、上部のレールから吊り下げられる構造になっているものの、ランナーは、下部レールから脱線しないように、バネによって下方に付勢されているので、キャップが外れると、中の金属が、金属製のレールに思いっ切り押し付けられた状態になります。

ちなみに、レールって、こんなモノ↓です。

TOSTEM社製のクローゼットだったので、会社に問い合わせてみると、1個315円(税込み)+郵送料で自宅へ配送してくれたんです!
すごい親切だし、安い…



で、GWに現地入りしたときには、けっこうナメていて、ドライバーとペンチくらいあれば、簡単に扉を外せるだろうと思っていました。

しかし…

2時間頑張ったのですが、無理でした(>_<)

結局GW中にクローゼットを修理するのを諦めました。

東京の自宅に戻り、ウェブで調べてみたところ、上部のレールは、30cm位の短めのレールが一部に使われているので、取り敢えずそれを外せば、扉をぶら下げている上部ランナーを外すことができるらしい…

インターネットって、凄いね。
凄いツールを使える環境で生活しているのに、使いこなしていない自分が情けない(T_T)

まぁ、落ち込んでいてもクローゼットは直らないので、今度行ったときに再チャレンジだ☆

0 件のコメント:

コメントを投稿